ストレスを低減するチョコレート グリコGABA(ギャバ)は機能性表示食品で美味しい

スポンサーリンク

 

グリコ GABA(ギャバ)は「事務的な作業による一時的・心理的なストレスを低減する」機能性表示食品である。

味は、甘いチョコレートと遜色なく、ちょっと一息したいとき、仕事中に摘むには程よい大きさで食べやす。

 

機能性表示食品とは

コンビニ、スーパーで商品でチョコレートコーナーは充実している。カカオ含有量が多い商品が一時期ブームになり、そのまま商品ラインナップとして残っている。

そして、最近では機能性を謳ったチョコレートが豊富に揃えられている。例えば、脂肪吸収を抑えるチョコレートや、ストレスを低減するチョコレートなど、機能性に富んでいる。

健康を意識したチョコレートには次の機能性表示食品の文字がパッケージに印字されている。はて?、機能性表示食品とはどんな食品なのか?・・・健康には良さそうだけど、特定保健用食品(トクホ)とはどう違うのか?と思い調べてみた。

機能性表示食品とは

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前 に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたもの です。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたもの ではありません。

消費者庁HP参照

要するに、企業が科学的根拠をもとに、企業の責任のもと健康に良いよと表示できる食品のこと。

 

特定保健用食品(トクホ)とは

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

消費者庁HP参照

要するに、国が効果があるか審査を行い、消費者庁が許可する。企業独自で表示することはできないんとのこと。

どちらにしても科学的根拠があって、パッケージに表示されているので消費者にとっては安心。

 

GABA(ギャバ)の効果と味

効果

GABA(ギャバ)は健康にいいと聞いたことのある方は多いのでは⁉︎以前はテレビで頻繁に健康番組で放送されていたのを記憶している。特に、発芽玄米に多く含有していることは有名である。

img_1824

このGABAの健康的効果はストレスの低減がある。今回購入したグリコ GABA(ギャバ)もパッケージには「事務的な作業による一時的・心理的なストレスを低減する」と明記されている。裏のパッケージには、γ-アミノ酪酸が含まれますと載っているが、この成分がGABA(ギャバ)である。

*GABAは通称であり、正式名称はγ-アミノ酪酸

 

味(食べやすい)

“健康食品=まずい”とイメージがある。それは幼い頃に見た、青汁のCMのせいでもあるだろう。そのせいもあり、今回の購入したグリコ GABA(ギャバ)も美味しくない印象があったが、ストレスが低減できるのならと思い購入した。

img_1826

しかし、予想と反して普通のチョコレートの味と同じである。最近はカカオ含有量が多いビターなチョコレートを食べているので、若干甘いと思う。ちょっと一息ついてブラックコーヒーをお供にすると、この甘さがちょうどいいのかもしれない。

価格は132円(税込)でストレスが低減されるとお値打ちであると思う。 美味しいチョコレートを食べ幸せに浸りながら、さらにストレスが低減されるとなれば「一石二鳥」ではないだろうか⁉︎仕事のお供に欠かせないアイテムになるかもしれない。