まるふみさんのキムチの素(ヤンニョム)で発酵生活。

スポンサーリンク

1日5種類の発酵食品を摂ることを目標にしてからキムチも進んで食べるようになりました。

img_1808

ちなみに5つの発酵食品は味噌、鰹節、納豆、キムチ、甘酒が最近の定番。

スーパーで見かけるキムチは味は美味しいが添加物がいっぱい。

添加物NGでは無いが毎日食べたいのでなるべく入ってないものを選びたい。

そこで見つけたのが「まるふみ」さんのキムチの素。

 

まるふみさんのキムチの素

桜エビがにっこり笑っている。

まずは一口。

うま辛い。まろやかな味。

 

材料は

韓国産唐辛子(中荒・細)、ダシ、アミ塩辛、いわし塩辛(自家製)、ザラメ、桜海老、ニンニク、生姜 (まるふみさんのHPより抜粋

美味しい素材がふんだんに使っている。

これは美味しいに違いないということで購入しにお店に。

 

白菜の下ごしらえの仕方

白菜の5パーセントくらいの塩をなるべく軸の方に塗り込む。一枚一枚丁寧に。ポリ袋に入れて一晩つけておくとこれだけ、水分が出る。

さっと洗い、しっかり水分を切り、1日干しておく。

image

干すとこんな感じ。

再びしっかり水分を切り、キムチの素を挟み込む。軸に多めに。

image

1日経ったもの。

image

カットして出来上がり。

 

img_1808

お出汁のみの鍋には白菜のキムチをたっぷり入れてキムチ鍋。

小さく刻んで納豆と合わせて温玉をのせたご飯と一緒に丼で。

美味しい白菜のキムチで毎日の食卓が豊かに。

 

もやしでも作ってみた。

さっと湯がいて水気を十分に切り、キムチの素を混ぜて一晩おく。

甘めに作った牛丼にたっぷりかけて。

 

きゅうりや大根、小松菜、いか……などつけ込みたいものいろいろ。

 

以前まるふみさんに伺った時に食べたメニュー。キムチにこだわったお店です。

まるふみさんのHP

img_1807

 

白菜のキムチを手作りしてみたい方は一度試してみるのもいいかも。

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。