セブンゴールド「金の麺 味噌」は生麺のような食感のちぢれ麺。東洋水産と共同開発

スポンサーリンク

 

セブンイレブンと東洋水産の共同開発のセブンゴールド「金の麺 味噌」は、まるで生麺のようなちぢれ麺。濃厚な味噌スープがこの麺と絶妙に絡み合い、満足する美味しさである。価格も1袋77円(税込)とリーズナブル。

 

セブンゴールドとは

セブンイレブンで買い物をすると、プライベートブランドがよく目に付きます。その中で、セブンゴールドとセブンプレミアムがありますが、皆さんはその違いをご存知でしょうか?この記事を書くまでは、あまり気にせずに同じ商品だと思っていました。しかし、セブンイレブンではこのような違いで名前分けしていたんです。

セブンゴールド

専門店の本格的な味を、ご家庭で楽しめる贅沢です。セブンゴールドはワンランク上の美味しさを提供します。

目指すのは「ちょっとした贅沢」

例えば、1年ほど前にテレビで取り上げられて話題になった「金の食パン」が有名ではないでしょうか?または、ビールを好まれる方だと「金のビール」をご存知かもしれません。

 

セブンプレミアム

セブンプレミアム 手ごろな価格で美味しい商品を幅広く取り揃える、セブン&アイホールディングが開発した、安全・安心のプライベートブランド

例えば、セブンプレミアムの炭酸水などが有名。NB(ナショナルブランド)商品と同じ基準で、なおかつお値打ちに提供するのがセブンプレミアム。

簡単にまとめると、セブンゴールドはちょっと贅沢に、セブンプレミアムはお値打ちとコンセプトを分けているのだと思う。

 

美味しさ引き出すパッケージ

今回購入したラーメンは、セブンゴールド「金の麺 味噌」。パッケージは金色の背景でいかにも「高級商品」と思えるぐらい際立っている。中央には「金の麺」、左側には「生麺への挑戦」と書かれ、セブンイレブンの思いが伝わってくる。

img_1699

  *金の麺シリーズには「味噌」、「醤油」、「塩」の3種類

パッケージの裏側に目を向けると、「この商品はセブン&アイグループと東洋水産株式会社の共同開発商品です。」と明記されている。東洋水産は「マルちゃんラーメン」で有名なメーカーで、自社開発の「マルちゃん正麺」の美味しさはピカイチであり、特に麺が生麺と思うほどの食感。

この「金の麺」は、その技術を応用して作られているのではないかと思われる。

img_1701

インスタントラーメンは一食あたりのカロリーが低いのが特徴で、1袋366kcalと「あんパン1個」と変わらない。カロリーだけ考えればダイエット中の人にもオススメの商品かもしれない(他の商品でビタミン、食物繊維を摂取すれば)。なので、ビタミン・食物繊維入りのインスタントラーメンがあれば、ダイエット食品としてもニーズはあるのではないだろうか!?

 

リーズナブルな価格と美味いラーメン

セブンゴールドはちょっと贅沢な商品なので、価格も高いと思ったが、それがそれが・・・。1袋77円(税込)ととてもリーズナブルではないか。 東洋水産の「マルちゃん正麺 味噌味」よりもお値打ちである(こちらの商品も美味しい)。

袋から麺を取り出して、沸騰しているお湯に入れて約5分後。目の前に美味しそうな味噌ラーメンが完成した。

img_1706

濃厚な味噌スープの香りが食欲を増進させ、早く食べたい衝動へと駆り立てる。一口スープをふくむと、絶妙な味噌の塩味がたまらない。

img_1708

パッケージにも謳われていた「生麺への挑戦」を納得させられるほどのちぢれ麺の美味しさ。さすがセブンゴールドと、納得するしかない。

今度は、「塩」、「醤油」のどちらを食べようが迷ってしまう・・・