マルちゃん正麺 味噌味はインスタントラーメンとは思えない美味しさ。

スポンサーリンク

 

マルちゃん正麺の麺はインスタントラーメンとは思えない、つるりとした食感。従来のインスタントラーメンの「ゴワゴワ」した食感は全くないのに驚いた。まるで生麺である。

昭和50年代生まれには、インスタントラーメンは食卓にはなくてならない食材であった。

物心つく頃には、当たり前のように家の引き戸(缶詰、ふりかけなどの食料を保管する場所)には、備蓄されていた。日本人のソールフードの一つである。 求めやすい価格(1袋:60円〜80円)で購入でき、鍋に入れて5分もせずにラーメンを食せる手軽さ。

しかし、それには1つだけ難点があった。

それは、お店のラーメンに比べて、麺が美味しくない。小・中・高と味は気にならなかったが、お金に多少余裕ができ美味しいラーメンを食べ歩いていると・・・インスタントラーメンの麺の「ゴワゴワとした食感」が気になった。

だがら最近はインスタントラーメンを家で食べる機会がめっきり減った・・・が、スーパーでふと目にしたインスタントラーメンの文字に目が止まった。

「生麺うまいまま製法」

この文字に惹かれて、マルちゃん正麺 味噌味を1つカゴの中へ・・・

 

パッケージ・内容量・カロリー

パッケージ

img_1641

パッケージの背景は金色で、美味しそうな味噌ラーメンのイメージ写真が載っている。オレンジ色で「マルちゃん正麺 味噌味」と商品。

裏のパッケージには、生麺について

*生麺のうまいまま製法とは

マルちゃんの特許製法「生麺うまいまま製法」により、乾燥麺でありながら生の麺本来の味とモチモチしたコシのある食感を味わえる。 特許 第5153964号

 

内容量・カロリー

ダイエットに取り組んでいた時に、初めて知ったことはラーメンはカロリーが低い。実はインスタントラーメンはカロリーが低いんです。今回の「マルちゃん正麺 味噌味」のカロリーは次の通り。

1食(108g):365カロリー

img_1643

これはコンビニのあんぱん1つと同じぐらいのカロリーなんですよ。パンは2つ以上昼飯に食べると思うんですよ。しかし、インスタントラーメンだと、1つでもお腹が膨れた感じがしますよね。これって不思議・・・。 1日分の野菜ジュースインスタントラーメンでお昼を済ませるのもダイエットにいいかも・・・(野菜ジュースはビタミン、食物繊維補給)。

 

作り方(約8分)

インスタントラーメン(袋ラーメン)って、作り方が煩雑だったりして作るのが面倒になったりと・・・例えば、スープのお湯と、麺を茹でるお湯は別々にするとか・・・。

しかし、「マルちゃん正麺 味噌味」は面倒くさくないんです。

img_1644

美味しい召し上がり方

  1. 沸騰しているお湯500mlの中に麺を入れ、4分ゆでてください。(途中、軽くほぐしていください。)
  2. あらかじめ液体スープを丼に入れておきます。
  3. 麺がゆであがりましたら、ゆでたお湯ごとそのまま丼に移し、よくかきまぜてお召しあがりください。

 

メリットは、スープ用のお湯を用意しなくても大丈夫!

もう一つは、沸騰した鍋に液体スープを入れなくても大丈夫!

鍋に液体スープを入れて溶かすと、鍋に油が付いて洗いにくくなるので・・・

水を沸騰させるのに約4分、麺を入れてさらに4分で出来上がり。ほぼカップラーメンを食べるのと変わらない時間で出来上がり。

 

味(コシの強い麺とスープが絶妙にマッチ)

さて、最重要のラーメンの味はどうか・・・スープは美味しそうな色で食欲をそそる味噌ラーメンの香りが鼻腔を刺激する。器の中の麺を箸で掴んであげると、いつものインスタントラーメンの麺とは明らかに違う。「するする」と箸から滑り落ちる麺が、まるで生麺

img_1647

いざ実食!!ツルツルとした麺がスープと上手く絡み合い、口の中に入っていく。麺のコシのある食感がまた美味しさを増加させる。インスタントラーメンの「ゴワゴワ」とした食感は皆無。

これが、1袋「84円(税込)」とは驚きのコストパフォーマンス。

次は、醤油味を食べてみたくなった。