隆祥房さんの餃子の皮で切り干し大根ラザニア。シュウマイの皮でエビパプリカシュウマイ。レシピ付き。

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

長女に「何食べたい?」と尋ねると

99パーセント「餃子」と答える。

使う皮はもちろん隆祥房さんの皮。

そして今回も決まって「餃子!」の声。

しかし、出来上がったのは・・・

 

切り干し大根のラザニア

image

このレシピのポイントはフレッシュトマトを2個丸ごとすりおろし、サッと洗った切り干し大根を戻す。

切り干し大根をヨーグルトやトマトジュースで戻すというのをよく聞くが今回はフレッシュトマトでやってみた。

image

トマトのグルタミン酸と切り干し大根の旨味のつまったミートソースになる。

半日戻したもの。

image

軽〜くレシピを。

隆祥房餃子の皮・・・10枚

トマト・・・5個

切り干し大根・・・1袋

玉ねぎ・・・・1個

ケチャップ・・・大さじ2

ソース・・・・・大さじ2

昆布茶・・・・・小さじ1

ひき肉・・・・200g

バター・・・・大さじ2

小麦粉・・・・大さじ2

牛乳・・・・300cc

コンソメ・・・・1粒

とろけるスライスチーズ・・・4枚

 

【作り方】

①フレッシュトマトを2個丸ごとすりおろし、サッと洗った切り干し大根を戻す。

②玉ねぎをみじん切りにする。フライパンに油(分量外)をしき、しんなりするまで炒める。ひき肉を入れて炒める。切り干し大根を刻み、トマトの汁ごと加える。残りの3つのトマトもざく切りにして入れる。ケチャップ、ソース、昆布茶を入れて弱火で煮込む。

③ホワイトソースを作る。鍋にバター、牛乳、ふるった小麦粉を入れて弱火で混ぜながら煮込んでいく。とろみがついたら完成。

④耐熱皿に②、③、餃子の皮、②、③餃子の皮、とろけるスライスチーズを4枚のせ、220度に予熱したオーブンで10分加熱したら出来上がり。

image

 

切り干し大根をトマトで戻すことによってダブルの旨味の発生、食感が楽しい一品。ぜひお試しくださいね♪

 

エビパプリカのシュウマイ

image

【材料】

隆祥房シュウマイの皮・・・1袋

エビ・・・・150g

鶏ムネ肉・・・150g

片栗粉・・・大さじ2

玉ねぎ・・・小1個

赤パプリカ・・・1/3個

鶏がらスープの素・・・小さじ1/2

昆布茶・・・・・小さじ1/2

きび砂糖・・・小さじ1/2

 

【作り方】

①エビはしっかり洗い、背わたを取る。刻む。鶏胸肉も刻む。

②玉ねぎ・パプリカはみじん切りにし片栗粉でまぶす。

③①②鶏ガラスープ、昆布茶、きび砂糖を入れてしっかり混ぜる。

④シュウマイの皮で包んで蒸し器で蒸したら完成。

蒸すときに下にキャベツをしいておくとキャベツにエビや肉の旨味が移り美味しい。

image

パプリカとエビの赤色が透けてきれいな赤色が皮から見え隠れ。

どちらも子供達に気に入ってもらえた一品。

パプリカも刻んでエビと一緒に入れたら苦手な長男もパクパクっ。

 

企業様の商品のレシピ開発をしております。

詳細は別のページでご紹介しております。

ご覧頂けたら幸いです、よろしくお願いいたします。

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。


《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。