秋の収穫べジマルシェ。食材購入編。ふくおかさんの干しぶどう、ふたむらさんのミディトマト。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

リビング新聞社さんと大名古屋ビルヂングハウジングセンターさん共催の秋の収穫べジマルシェ。

食材購入編。

2軒の農家さんから購入。

 

葡萄のふくおかさん。

日進市と豊田市の2つの農園で葡萄を栽培一筋50年。安全で美味しく、葡萄本来の味を追求することをモットーにひとつぶ、ひとふさ、ていねいに育てています。(葡萄のふくおかさんパンフレットより抜粋)

黄玉の干しぶどう

添加物なしも嬉しいポイント。

干しぶどうは4種類あるそうで、今回は黄玉。

ジャスミンの香りと甘さ(葡萄のふくおかさんのパンフレット抜粋)

香りよく、しっとりした歯触り、甘さがギュッと凝縮。

一個一個丁寧に種を抜き、作られた干しぶどうには愛が感じられる。

 

完熟葡萄のジャム。

試食してびっくり。葡萄の旨味の詰まった迫り来る美味しさ。

料理家の松井りえさんがふくおかさんの葡萄で作ったジャムとのこと。

砂糖はきび砂糖でコクが出ているし、ブラックペッパーの力強い風味が後を引く。

大好きなシナモンのアクセントが絶妙。

「料理の隠し味に」とオススメされた。

何層にもなる美味しさが料理に使うことによっていつもの定番料理がワンランク上の料理になること間違いないだろう。

甘さ控えめのスコーン。このスコーンもきび砂糖を使用しているので、甘みが喧嘩しない。

 

ジャムは葡萄の旨味をじっくり味わってほしいから皮ごと潰して、数種類のハーブを使用して、と書いてあった。

今まで食べた葡萄ジャムの中で一番、味わいが深くて絶品。まだたくさん残っているので楽しみたい。

ふくおかさんのジャムなどが購入を出来る場所はこちら。

長久手ござらっせ あぐりん村さん

日進農協園芸センターさん

地下鉄赤池駅 モンテドールさん

冬の直売は12月最初の週末開催とのこと。(干し柿や柿チョコレートなどの加工品も販売するとのこと)

葡萄のふくおかさん

 

 

ふたむら農園さん。

ふたむら農園さんのミディトマトのトマトジュースを飲んでびっくり。

濃厚でスーパーで買うトマトジュースとは全く味の違うものだった。

購入したものはミディトマト。

一口かじってびっくりする甘さ。

ひたすら濃くて、青臭みは全くなく、果肉に閉じ込められた甘さはたまらない。

ふたむら農園さんは名古屋市中川区で栽培されていて、直売所も開いているとのこと。

レタスなども栽培されているそうで、サラダにする時はふたむらさんのお野菜で決まり♪

 

ふたむら農園さん

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。