石川県の定番お土産。中田屋さんのきんつば。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

先日石川県に行ったときに頂いた中田屋さんのきんつば。

 

中田屋さんとは。

昭和9年創業の老舗。

きんつばといったら中田屋さんというくらい石川では有名とのこと。

原材料をとことんこだわり、職人さんの手作りで丁寧に作られたきんつば。

小豆は、北海道の農家との契約栽培によって、丁寧に育てられた上質な極上大納言小豆です。

丹波寒天。和菓子の素材として欠かせないのが「 寒天」。中田屋は京都府丹波地区の、「丹波寒天」を使用しています。伊豆をはじめとした全国の産地から集めた天草を、昔ながらの製法で作ります。(中田屋さんHPより抜粋)

何度かきんつばを食べたことがあったのだが、こんなに美味しい!と思ったのは初めて。

甘さではなく、うまさを追求した上品な一品。

飲み物など、必要なく、それだけで美味しさを堪能できる大満足な一品。

中田屋のきんつばの、その特徴は半分に割ったときに見ることができる、艶やかなつぶ餡です。職人が大粒の大納言小豆の形を崩さないよう、丁寧に時間をかけてじっくりと炊き上げたものです。

豆が輝いている、一粒一粒が語りかけてくる感じ。

 

きんつばの種類

こうやって半分に切ってしまったことを後悔。

ぱきっと割ってお豆のツヤ感を見てもらいたかった。

 

じっくりと煮あげた餡を、舟と呼ばれる型に流し固め、四角く切って薄衣をつけ、一つ一つていねいに焼き上げます。

甘すぎず、優しい甘さで食べやすい。

 

うぐいす豆バージョン

小豆とは違った味わいだがこちらも甘さ控えめでとても食べやすい。

お豆の旨さが最大限にいきた味。素材の味を生かしたお菓子。

 

ほかにも、能登栗を使ったきんつば、きんつばサクラなど、期間限定のものもあるとのこと。

時期になったら買ってみようかな。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。