石川県に行ったら伺いたいお店。ベスト3。ぶどうの木さん、いきいき魚市場、ヤマト醤油味噌さん、近江市場など。

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

高速を走らせて向かった先は石川県。

いや、車を走らせたのはトヨだが、、、。笑

海が近いからかウキウキする。

高速のパーキングエリアで寄った海辺も私をワクワクさせるには十分な要素だった。

今回石川に行った目的は、全国1位の野菜ソムリエさんに会いに。そして石川の美味しいものを食べに。

事前に伺っていた食関係のお店は絶対行こうと決めていて、今回は観光は一切せず、食べ物関係のみ。

行って良かったと思ったベスト3をご紹介。

 

第3位。いきいき魚市場。

野菜と同じくらい鮮魚も好きな我が家。

魚市場もテンションが上がるのは大人だけではなく、子供達も丸ごとの魚やエビカニにウキウキ。

もちろん動いている魚達もあるので大喜び。

私が品定めしている時も飽きずに生きた魚達をじっと眺めていた。

image

鮮度よく、安い。

さわら1尾200円とか!

甘エビこれだけ入って200円!

image

ヤリイカの干物、300円!

魚を安く手に入れたい時はオススメ。

我が家は2日目の朝購入、夜ご飯にした。

確実にテンションが上がるのを隠せない。

 

第2位 ヤマト醤油味噌さん

味噌好きならたまらない蔵。

石川にはなんと21軒もの醤油販売店があるそう。

無料ガイドツアーでは麹の話から味噌、醤油の歴史、ヤマトさんのこだわりを余すことなく聴ける。

ヤマト醤油味噌さんの詳細はこちら。

 

第1位 ぶどうの木さん

駐車場もすでにぶどう園。

image

訪れた時はひどい雨だったが、ハウスの中に駐車場があるので傘の心配がない。

ぶどうの木さんとは。

大きなぶどう園の中にレストラン、直売所、チャペル、洋菓子屋、まめ菓子屋など構える大型農園。

我々が伺ったのはイタリアンカフェ。

ぶどう園の中にあるカフェ。

image

窓の外がぶどう園。

ぶどうの木を眺めながら食べるランチはなんとも贅沢だ。

ランチは前菜バイキング付きを選択。

前菜はバイキングで好きな野菜料理を選べる。

image

何回でもおかわりができるのも嬉しい。

メインディッシュは金時草とカニのパスタ。写真は撮り忘れ。。。

金時草はおひたしでしか食べたことがなかったのでとても新鮮だった。

クリーム系とも相性抜群。色もきれいに出ていた。

 

お子様ランチもあり、前菜バイキングとパスタ、ジュースがついて、リーズナブルだった。

小学生低学年で食べきるのが難しいくらいのボリューム。コストパフォーマンスが良い。

 

食事が終わり、お目当ての直売所には聞いたこともないようなぶどうの品種がずらり。

試食もできるので納得したものを購入できる。

一つ購入。

皮ごと頂けるシトロンネル。

種あり。

香りはないが優しい甘さで包み込んでくれるような味わい。

 

image

一つは友人がプレゼントしてくれました。

翠峰。ピオーネ×センテニアル。

種無し。香り、食感とても良い。

歯ごたえが抜群。

マスカット好きにはたまらない弾ける食感。

甘みも力つよい。

image

チャペルは我が家はもう用事がないが、これから結婚式をするのであれば是非式場候補にいれたいほど。

ぶどう園の中の結婚式なんて素敵だよね。

 

まだまだ石川には素敵な、食を楽しめる場所がたくさん。

近江市場。

image

鮮魚通りや青果通りなど、実に広い。

観光客が多く、食べ物屋さんは長蛇の列。

子供達が待ったなしだったので割とすんなり入れる店を発見。

2階にある「ゆずさん」

image

古代米を使ったうどんが一押しのようでそれを選択。

image

野菜の天ぷらは加賀れんこんや舞茸、五郎島金時など食感良くいただいた。

古代米を練りこんだうどんはまるで見た目はそば。

imageうどんもそばも大好きなうちの子供は大喜びで完食。

長男はお代わりするほど気に入った様子。

 

腹ごしらえをしてから散策。

image

五郎島金時を売っている青果店が多く、こちらのお店ではサイズ別に販売。

食べてもらう人、調理用途別に意識して買ってね、と言われた。

蒸すなら小粒なもの、茹でるなら太いもの、子供のおやつなら小粒なもの、といったように。。。

これだけ選択できる種類があれば選ぶ楽しさもあり、良いね。

充実のお店ばかりなので1日かけてじっくり回りたいくらい。

 

夜ご飯に絶対食べたかったのはのど黒とガスエビ。

これが食べることができれば、ということで行ったのがまわる寿し もりもり寿しさん。

image

実は名古屋にもあるチェーン店だったが、ネタの美味しさにびっくり。

image

生ガスエビ。噛むほどに感じる旨味。甘さが溢れている。

口に含むと勝手に顔がにやけるのがわかった。

image

炙りのど黒。

極端な話、歯がいらないくらい。口に入れたらホロホロ溶ける身。

酢飯でようやく形になっているかのよう。

しばらく余韻を楽しみたい味わい。

image

イカの3種盛り。漬け込んだイカと調味料のバランスが最高。

イカをこんなに美味しいと思ったのは初めてかも。

image

ガスエビの唐揚げ。

硬くなく、サクサク、旨味を感じながら口のなかでなくなっていく。

これだけたくさんあるのでガスエビの味を満喫できた。

子供達に外せないのはうどん。

あげ、かまぼこ、エビの上のレンゲに上品に乗ったあげ玉。

自分のタイミングで汁に投入、サクサク楽しめるのが嬉しい。

 

ネタが美味し過ぎた。

生の魚介を堪能できた回転寿司屋さん。

 

石川は美味しいものがたくさん、まだまだ行ってみたいところがたくさんあるので、お楽しみはとっておこう。

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。