焼きたてぱんがなんと、100円。伊三郎製ぱんさん。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

今回は九州帰省中に投稿です。

8月にオープンしたばかりの行列の出来るパン屋さん、伊三郎製ぱんさん。

image

こだわり

セントラルキッチンでの一括生産で生産性を上げ、協同仕入れによるコスト削減を徹底する事で、品質は落とさずに、100円(税別)という価格で美味しいパンをお届けしています。安いからと言って、商品を小さくしている訳でも、品質を落としている訳でもありません。

伊三郎製パンは焼きたての美味しいパンをお届けできるように店内で一つ一つ手づくりでパンを焼いています。
パンのレシピはフランス料理出身のシェフが考案した本格的なレシピを採用。安いだけではなく味にも徹底的にこだわっています。(伊三郎製ぱんさんHPより抜粋)

 

店頭の様子

店頭に入るとぱんが所狭しと並んでいる。

ウインナーパンも5種類くらいバリエーションがあるのも嬉しい。

image

50アイテムはあった。

選ぶ楽しさがあって嬉しい。

半端ないぱんの量に驚きを隠せないとともに、これが全て100円なのかと、勝手に顔がにやける。

みんなで食べるということで20個購入したがそれでも2080円。

image

店内は店頭よりバックヤードの方が大きくとってあるようで、焼いているところが奥に見えた。

袋詰めはセルフサービスでお客さんが自分で詰めるスペースが3箇所。

価格も同じなのでレジがとってもスムーズ。

 

感想

全種類は食べていないが

全体的にパン生地はふわふわ、というより、しっかりめな歯ごたえで食べ応えがある。

image

パンの切り込みに沿ってロングウインナーも切れ込みがある。

黒胡椒がいいアクセントになっている。

image

3種類のチーズがとろけあって絶妙。

image

なんと、ゆでたまごがまるまるベーコンの上に乗ってます。

 

image

はちみつに漬け込んだくるみがたっぷり。

レーズン練り込んだもっちり生地。

レーズンが惜しみなく入っているのでナッツやレーズン好きな方にオススメ。

image

キャラクターパンは白ぱんベースに中身はクリームが入っている。

顔はチョコペン。

キティちゃんや、ゴマちゃんなど。

 

まとめ

しっかりした生地で歯ごたえがあるパン。

コストパフォーマンスが高く、いろんな種類食べるのにぴったり。

京都、大阪、九州にもお店を展開しているようなので、気になった方は是非♪

伊三郎製パンさん

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。