食戟のソーマで料理の勉強。玉ねぎを使ったシャリアピンステーキ丼が美味しい。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

料理漫画や料理ドラマが面白くてはまっている。

料理系の漫画ドラマは創作意欲がアップするのでいい刺激になっている。

今回は料理漫画の「食戟のソーマ」のレシピ集に載っていた料理を作ってみた。

image

 

食戟のソーマ

「食戟のソーマ」とは卒業到達率10パーセントのエリート高校1年生の料理人の男の子が主人公。

料理対決をしていくのだけど、料理の技や料理の仕方など勉強ができて料理の幅が広がるので楽しく見ている。今はニノ皿シーズン中で週一回の放映を楽しみにしている。

絵が超絶に上手いので、もの凄く食欲をそそる。

夜な夜な見ていたソーマで唐揚げをテーマに放映されていた時、すぐにでも唐揚げが作りたくなるくらい。

いろいろ作ってみたがシャリアピンステーキの件について。

 

シャリアピンステーキ丼

IMG_1427

本編ではオクラやミニトマトは乗ってないし、

お肉は牛肉だけど。。。

豚のロース肉で代用。

image

たっぷりの玉ねぎのみじん切りに1日漬け込んで、焼いた。

肉汁たっぷり吸った玉ねぎのソースがめちゃ美味しい。

ご飯には梅を刻んで混ぜこむ。

梅味のご飯に相性バッチリ。

玉ねぎでお肉が柔らかに〜♪

 

私は影響されやすので最近の食卓は食戟のソーマのメニューが多い。

「食戟のソーマ」は料理の説明をしながらストーリーが進んでいくのでとても勉強になる。

コミックの方には作品中の料理レシピも載っているようなので、買ってこようかな。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。