よっちゃんファームさんのアスパラ収穫体験。アスパラの美味しい食べ方。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

image

何の畑かわかりますか?

タイトルにもあるのでわかりますね。

アスパラです。

さて、アスパラはどこにいるでしょうか?

 

アスパラを収穫するときの長さはどれくらい?

今回の企画は野菜ソムリエの山本久美子先生の企画で豊川のよっちゃんファームさんでアスパラの収穫体験をするという内容。

以前受けたアスパラの講座でお話を伺った北河さんの畑。

image

アスパラの長さって気にしたことありますか?

25センチで収穫するそうです。

「25センチあったよー」と長男。

image

このような棒を目印にするので子供でも簡単に収穫タイミングがわかりますね。

image

切るときは専用のハサミを使用します。

image

 

年長でもハサミで切れるので収穫はほとんど長男にお任せしました。

image

 

中には太いもの、細いものがありましたが、どちらが柔らかいでしょうか?

 

太いアスパラと細いアスパラどっちが柔らかい?

image

アスパラは皮の繊維が硬いとのこと、繊維の数は太くても細くても変わらないと伺いました。

ということは太いほうが柔らかいということがわかりますね。

北河さんいわく、太いアスパラの方が作るのが難しいとのこと。

食べ比べたら確かに太いほうがジューシーな感じがしました♪

 

アスパラを使った料理

北河さんはアスパラは茹でるより、蒸すか炒める方が旨さがでると言われましたので

肉で包み込む、衣で包み込む、生ハムで包み込む、で作ってみました。

アスパラ挟み巨大バーグ

image

アスパラは豪快に8本挟み込み。

ハンバーグのタネには鶏ひき肉、生姜、九条ネギ、たまご、パン粉、しその醤油漬けを練り込みアスパラをサンド。

生姜、九条ネギ、しそを練り込むので鶏肉の臭みはなくなります。

両面カリッと焼くと中のアスパラが蒸し焼きになって甘みがあり、ジューシー♪

そのままでは大きいのでカットして食べます。

image image

しその醤油漬けの醤油も一緒に練り込んでいるので味付けの必要なしで美味しく食べられます☆

 

アスパラとウインナーのフライ

image

きっと定番ですね。

ウインナーは子供たちが食べやすいように皮なしを使用。

爪楊枝にさして衣を付けてカリッと揚げる。

 

白身の生ハム乗せ焼き

image

白身の魚に塩をし、しばらく置きキッチンペーパーで水気をふき取り、斜めに切ったアスパラと一緒に生ハムでくるんで、油をひいたフライパンに入れ両面焼く。

image

もう、ごはんが劇的にすすむ一品♪

また作ろう。

新鮮なアスパラで美味しい料理がたくさんできました♪

ありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。