蔵出し生酵母で作るぬか床一年生の3つのお知らせ

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

毎週金曜日はぬか床一年生の日。

image

今日は3つのお知らせです。

 

婦人公論さんのプレゼントコーナーに掲載中

内面・外面ともに美しく年を重ねる女性たちのために、豊かな人生のヒントを詰めこんだ雑誌です。(婦人公論さんHPより抜粋)

7月26日発売の婦人公論さんのプレゼントコーナーにぬか床一年生パック掲載されました。

DSC_3157

新パッケージです。

蔵出し生酵母で作るぬか床一年生って何?と気になっている方、ぜひこのチャンスに♪

DSC_3153

婦人公論さんのHPにも掲載されています。

 

河埜 玲子さんのぬか床一年生の講座案内

三重県在住の方ですがこの日はなんと名古屋で講座をされるそうですよ。

医師で料理研究家の河埜 玲子さんの健康と食育への効果について学べる!ぬか床一年生講座(名古屋)

以下河埜 玲子さんのブログから抜粋しています。

「ぬか漬けは、塩分の摂り過ぎになりそうで心配です」

市販のぬか漬けはしっかり味のついたものしかありませんが、
おうちで漬ければ、塩分の調整ができるからです。

しかも、ぬか床1年生なら、塩分が通常のぬか床の1/2!
これも、私がぬか床一年生を気に入っている理由のひとつです

さらに、私は・・・・

・ぬか漬けをサラダ感覚でたくさん食べたい。
・子どもには、正しい味覚形成のために、薄味に慣れさせたい。

12時間くらいの浅漬け(通常は24時間)で食べています!
そんな講座にきませんか?

○*健康と食育への効果について学べる!ぬか床講座(名古屋)

河埜 玲子さんのブログより抜粋

ぬか床一年生って何?

ぬか床一年生の使い方を知りたい方はぜひぜひ。

 

蔵出し生酵母で作る、袋で漬けるぬか床一年生では物足りない、もっとたくさんつけたいあなたに

蔵出し生酵母で作るぬか床一年生は袋漬けが初心者向けで1か月使い切りでハードルが低いですが、袋付けでは物足りない~たっぷり漬け込みたい、という方におススメなのはこちら。

image

ぬかミックス、みかんの天然酵母、入れ物(3.5L)がセットになっています。

まずはぬかミックス2袋(500g×2袋)をボウルに出します。

image

お水950gを徐々に入れていきます。

image

コネコネすると整います。

image

蔵出し生酵母を入れて混ぜます。

image

容器に移して漬け込みます。

 

image

今回はこれだけ漬けました。

image image image

エリンギは石突きを鉛筆削りみたいにそぎ、

600wのレンジで3分加熱。しっかり冷めたらキッチンペーパーでふき取り漬け込みます。

image

大根やニンジンなど、硬いモノは下に、水気の多い野菜は上の方に入れるのがポイントです。

大根やニンジンなど根菜類は漬け時間が果菜類に比べて長めに漬け込むので。

果菜類は1日、根菜類は2~3日漬けこむと味がしっかりしてごはんもすすみます。

image

こちらも同様に冷蔵庫保管です。

 

さて、今回は3つのお知らせでした。

婦人公論さんのプレゼント欄掲載

河埜 玲子先生の講座案内

大容量で漬けるぬか床一年生

 

蔵出し生酵母で作るぬか床一年生、気になる方はお試しくださいね♪

ぬか床一年生のHP

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。