桃のようなジューシーさ貴陽。煮りんごのようなサマービュート。今すももが美味しい。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

すももの中で一番好きな品種が出回ってきました♪

今回は貴陽とサマービュートのご紹介です。

 

貴陽

最近はスーパーでも販売されるようになってきました。

image

左側。紫がかったピンク色が特徴。

貴陽(きよう)の果実は綺麗な球形で、特徴はその大きさです。平均的に200g前後の大玉になり、大きいものだと300g前後にもあります。(旬の食材百科さんHPより抜粋)

大石早生やソルダムより大きい。

2個入りで販売していることが多い。

桃と比べてあまり香りはしない。

 

さて半分に切ります。

image

中身はレモン色といったら良いでしょうか。

みずみずしさがわかりますか?

一口食べると桃のようなジューシー感。

すももなのに酸味はほとんど感じられなく、甘味が強い。

食感はまるで白鳳系。

じゅわじゅわと水分を蓄えた桃のよう。

我が家では間違いなく一番人気の品種。

果物の好みにうるさい長女も貴陽にご満悦。

image

貴陽(左)

 

サマービュート

山梨県の新品種。

image

サマービュート(右)

ソルダム×ブラックビュートの掛け合わせとのこと。

見た目はレモン色にほんのりピンクが差し込んでいる色合い。

桃は皮に行くほど甘みを感じやすいが、サマービュートは皮に行くほど酸味を感じる。

よって食後はさっぱりとした後味。

食感はまるで煮リンゴのよう。

image

貴陽ほどのジューシー感はないが実がコツっとしている。

果肉が緻密。

しかし、フレッシュなりんご程の硬さはないが煮リンゴにしたような食感。

酸味と甘みのバランスは

甘味がまず来てゆるやかな酸味がシャキッと残る感じ。

酸味が好きな方には少し物足りないが酸味と甘みのバランス重視の方にはおススメかな。

甘いだけでなく、酸味と甘みのバランスを好みとするトヨと私は、好きなすもも。

 

まとめ

桃みたいに甘いすももを求めるならば貴陽を。

酸味と甘みのバランス重視ならサマービュートを。

 

お好みのすももを見つけてみてくださいね♪

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。