《新名古屋メシ!?》サガミさんの冷やし煮込みうどん。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

サガミさんに冷やし煮込みうどんなるものがあるとのことで行ってみた。

サガミさんって?

ソバはもちろんうどんも美味しい和食の麺屋さん。

ソバは毎日店頭の石うすでそば粉をひいているそうです。

こだわりの素材、小麦・水・塩を独自の配合で丁寧に仕上げた麺を使用しております。うどんの持つ1番のパワーは消化速度が他の麺類 と比較しても優れていることです。(サガミさんHPより抜粋)

そしてなんといっても揚げ物が美味しい。

サクサクのカリカリ。中の具材はふんわり。おうちではなかなか作ることができない美味しいてんぷらを味わえる。

お客様からご注文をいただいてから揚げる当店の天ぷらは、作り置きのものとは違い、美味しさの条件である衣のサクサク感を感じていただけます。(サガミさんHPより抜粋)

 

あと、麺類にとって大事なお出汁。

地域に合わせたブレンドで作っているとは驚きです。

当社では、毎日欠かさず朝夕と丁寧にだしをとっています。これは、だしの風味が時間の経過と共に減少してしまうためです。

味も香りも濃い宗田カツオをはじめとする、地域に合わせた特選素材をブレンドし、本物にこだわった「だし」は、当店自慢のそば・うどんの美味しさを一層引き立てています。(サガミさんHPより抜粋)

 

冷やし煮込みうどんとは?

image

だし汁に濃い目の甘みそがベースの味。

トッピングはエビ天ぷら、おくら、れんこん、なすの天ぷら、かまぼこ、とろろ、生のねぎ。生卵。

刻みのり。

小さい器があるので好きな具材を一緒に3~4回にとり分けて食べるので味を楽しめる。

初めはオーソドックスにトッピングなしで。

甘みそとうどんの味を楽しむ。

2回目はてんぷらと一緒に。サクサクの食感とコシのあるうどんのハーモニーがたまらない。

3回目はとろろと一緒に楽しむ。

ココで付属のラー油をトッピング。

ピリ辛味が甘味噌を一層引き立てる。

4回目はいよいよ生卵を入れて崩しながら食べる。

 

取り分けるときに一緒に入れる具材を工夫すれば最後まで飽きずに食べられる。

image

食べた感想

麺は太めで歯ごたえがあり、コシが抜群。

濃い目の味噌味が良く絡む。

煮た目は味噌煮込みだが、うどんは煮込まれてはいない。

しかし、猫舌な私にはさっさと食べることができて嬉しいメニュー。

生の葱がピリリと辛みがあり、夏の食欲をそそる。

私好みのうどんだったので

これはもう一回食べに行きたい。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。