《講座レポ》公立小学校で保護者の方に野菜講座 in 名古屋市

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

6月はセミナー、講座がてんこ盛りでした♪

今回は6月半ばに名古屋市の小学校の家庭教育セミナーでお伝えしたお話を少し。

小学校のPTAの方を対象にした家庭教育セミナーでした。

eca78e8d603fdd992ca56a9adcd802b4_s

当日の流れ

野菜350g食べるための方法。

野菜350g食べるには少しのコツでたくさん食べられるようになります。私の場合は常備菜を利用しています。

子供たちが寝てから2時間で10品くらい作るのですが、

冷蔵庫に入っている野菜を取り出し、調味料とにらめっこしながら、味付けが被らないように作りますなどの様にコツをお話ししました。

子供が野菜をたくさん食べる方法。

うちの真ん中の子供(年長)が野菜を克服していった体験をもとに話を進めました。

たとえば、買い物に一緒に行った場合、野菜の見分け方を伝え、子供が選んだものを買う、これが子供の肯定感を育てる良い方法と気づいたので実践しています。

野菜の下ごしらえのコツや調理法。

繊維を断ち切るか、繊維に沿うかで味のしみこみ具合、シャキシャキ具合が変わることを伝えました。

たまねぎが一番わかりやすいですね。

アンチエイジングやダイエットを期待できるおススメの食材、食べ方。

野菜のフィトケミカルなど、野菜の色についてのお話、

バランスよく食べ、食事には何が大事かをお伝えしました。

 

 

参加者の方の感想

〇常備菜を作るコツを教えていただき、いつもの野菜を違った調理法で作ってみようと思います。
⚪︎料理が苦手ですが、ドレッシングや重ね煮など簡単なことから今後の食生活に取り入れていきたい。
⚪︎身近な話題ばかりで楽しく聞くことができた。勉強になることばかりでした。
⚪︎具体的なレシピでこれから実践しやすそうなものが多く、挑戦してみたい。
⚪︎バナナ、ピーマンは熟して栄養が変わるなんて面白い。
⚪︎先生のレシピ本が欲しい。

 

などなど、本当に嬉しい感想をたくさん頂き感激です!

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

私が野菜ソムリエとして大事にしているポリシー

有機栽培を進めるわけでもなく、農薬を使わない野菜をすすめるわけでもなく、慣行栽培を進めるわけでもなく、

どういう栽培されたかというより

野菜と皆さんをつなげるのが私のポリシーです。

トヨの実家はメロンとトマトの専業農家です。

すごく真剣に、美味しいトマトとメロンを栽培しています。

家庭行事よりトマトやメロンを優先することもしばしば。

それだけ愛情を持って育てています。

 

また、苦手な野菜がある方に無理強いするのではなく、

このような順序で、食べられるようになるのが理想。

お、この料理なら食べることができそう⇒ん?食べられるかも!⇒美味しい⇒もっと食べてみよう!

最近は甘い野菜が増えてきて、調理しなくても美味しいものが多くなってきましが・・・

とはいえ、まだまだ野菜は調理が必要。

だからこそ、料理次第で苦手だった野菜を美味しく食べることだってできるのです。

いろんな食べ方を試して美味しく野菜が食べれたらそれで本望かなと思います。

私のセミナーや講座では野菜の見分け方はもちろん、野菜をおいしく食べることができる方法などたくさんお伝えします。

講座では参加してくれた方全員に同じだけの満足度を持っていただきたいのですが、それは非常に難しい。

欲しい情報は人それぞれ違うのだから。

だから、私は沢山の情報をお伝えします。一個でも「為になった!」と思い、持って帰ってもらえたら幸せです。

 

野菜を美味しく食べるコツなどお伝えするセミナーのご依頼お待ちしております。

野菜へのあふれる愛を感じてください。

お問い合わせはこちらから。

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。