岐阜県の農薬を使わないお茶「やぶきた常葉」。お湯の温度で、お茶の味が変わる!?

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

暑くなってきましたが、冷え性なので温かいお茶を愛用しています。

よくモデルさんが朝起きぬけにさゆを飲むと聞きますが

味のないお湯はどうも苦手で

お茶ならいろいろバリエーションが楽しめるからという理由で、

朝やデスクワークするときには温かいお茶が相棒です。

お茶をたっぷり飲むようになってすこぶる調子が良いです。

さて、今回出会ったお茶は・・・

image

岐阜県揖斐川町の春日地区で農薬を使わずお茶を栽培されている山田泰珠さんのお茶。

農薬を使わず栽培されている在来種のお茶は「天空の古来茶」というブランド名で販売されているそうです。

今回私は買ったのは在来種ではなく、「やぶきた常葉」というお茶。

うま味が詰まっています。

 

image

三越さんのイベントでお会いしたのでいろいろ教えてもらいました。

(私はお茶の知識は全くないので、ただ急須にお茶を入れて飲んでいただけでした。)

お茶をいれるときは

60度前後でアミノ酸などうまみ成分が抽出され、

80度以上でカテキンが抽出されると伺いました。

お湯によって出てくる成分が変わるのも面白い。

 

私はめんどくさがりなのでポットのお湯をそのまま急須に注いでましたが

それだと90度くらいで温度が高すぎる。

旨みが出てないということが判明。

一度湯呑にお湯を出して、急須に入れると程よい温度になるとこのと。

これならすぐ実践できるね。

早速やってみた。

旨みを感じる!

これからは一度湯呑に入れてからやってみよう。

 

あと、時間も大事。

深蒸し茶は早く成分が抽出されるので30秒だったかな。

普通のお茶は1分半。

ちょっとの気遣いでお茶がグンと美味しくなるのですね。

image

「やぶきた常葉」はそのまま食べてみたけど、美味しい!お茶の葉って美味しいんだ!と発見しました。

旨みを食べている感じ。

山田さんのお茶だから美味しいのかな?

 

お茶についてもいろいろ勉強してみよっと。

山田泰珠さんの記事

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。