イタリアのお米「イタリアン・リーゾ・カルナローリ」を使った【夏野菜のリゾット】 レシピ付き。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

イタリアのお米を頂きました。

 

イタリアン・リーゾ・カルナローリ

image

お米の最大の産地であるピエモンテ州ヴィエリッチは、高品質なお米を産出することで有名です。
イタリアでも最高品質と人気の高いカルナローリ種は、香りが豊かで、煮崩れしにくく、程よい粘り気があり、リゾットに最適です。
表面には火が通りやすく、中心には芯が残り(アルデンテ)、本格的なイタリアンリゾットをお楽しみいただけます。
調理時間は16分~20分程度。(PROFOODSさんHPより抜粋)

 

早速リゾットを作ってみた。

image

びっくりするくらい美味しくできた。

以前日本米で作ったときは変に芯が残り、美味しくできなかったから、リゾットを作るのは実は苦手だった。

ところが以前と同じようにリゾットに挑戦したら前回と違って美味しくできた。

お米の性質によって違うと確信。

カルナローリでリゾットは3回目だが間違いなくうまくできる。

トマトジュースでたまごリゾット。

image

 

 

調理してもアルデンテの状態を長時間持続。イタリアの高級レストランを中心に「リゾットに最適な米」として高い評価を得ているカルナローリ米。

イタリアの米は、長粒をしていますが、他国の長粒種米よりも胴太で丸みがあります。 デンプン質も多く味が良くなじみます。表面に熱を通しやすい特徴があります。

Buon GustoさんHPより抜粋)

旨い具合なお米の硬さに仕上がり満足。

【夏野菜のリゾット】

image

カルナローリ・・・1合

水・・・・・・・・600cc

コンソメ・・・・・1個

塩・・・・・・・・小匙1/2(お好みで)

とうもろこし・・・・1/2本

アスパラ・・・・・・2本

たまねぎ・・・・・1個

にんにく・・・・・1カケ

ウインナー・・・・4本

 

≪作り方≫

①にんにくをみじん切りにする。フライパンに油をひき香りが出るまで炒める。

②みじん切りにしたたまねぎ・アスパラ、実をそいだとうもろこしを炒める。

③油が全体にまわったら、カルナローリを入れて炒める。

④カルナローリが透明になったら水200ccを入れ混ぜる。

⑤水分がなくなったら200ccの水、コンソメ、5mmに切ったウインナーを入れる。

⑥水分がなくなったら水200cc入れて煮る。

⑦水分がなくなったらお米の硬さをみてちょうどよければ完成。

*まだ硬いようであればさらに100ccずつ追加していく。お好みの硬さになったら完成。

image

旬の夏野菜を使用。

とうもろこしは生のまま煮込むのでシャキシャキ感を楽しめる~♪

しばらくリゾットにはまりそう・・・。

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。