おしゃれな店内で10数種類の純米酒の飲み比べ。純米酒専門店 八咫(やた) 名古屋伏見店

スポンサーリンク

日本酒ブーム到来!

雑誌や本で最近よく取り上げられる日本酒。以前の焼酎ブームのような、盛り上がりが日本酒でも起きている。日本国内はもとより、海外でもSAKE、Japanese Wineとして人気がある。2015年の日本酒の輸出金額は昨年対比(2014年)20%以上の伸び率を誇っており、海外での人気の高さが伺える。

特に最近では、高精白の吟醸酒(60%以下の精米歩合)、大吟醸(50%以下の精米歩合)などの人気が高く、女性でも呑みやすいフルーティーな酒が市場をにぎわしている。

そんな日本酒ブームを牽引しているお店を、今回はご紹介しよう。

 

八咫(やた) 名古屋伏見店

 

おしゃれな店内。
八田 伏見店は2階に店を構えているが、とにかく目立つ。それは、店内の壁がすべてガラス張りなのである。外からみると、立ち飲みスタイルで呑んでいるお客がかっこよく映る。そこが、やた 名古屋伏見店の目印である。

image 内容は白をベースにしたシックなデザインで、女性とデートで利用するのもオススメである。

 

豊富な純米酒の種類
店舗には、10数種類の純米酒が全国各地から取りそろえられている。やたのスタイルはいたって単純。純米酒以外のお酒は置いていない。ビールもない。日本酒を楽しんで貰うことが、このお店の最大にして最小の拘りなのだと感じる。

利用スタイルは2つ
1つ目は1グラス単位で日本酒を楽しむ。
2つ目は、60分で10数種類の日本酒を飲み比べることが出来る。ほとんどのお客は、これを選ぶ人気の飲み比べコース。
グラスに、約50mlの日本酒が注がれ、味を噛みしめながらゆっくりと楽しむ。杯を乾かすと、次に呑みたい日本酒をチョイス。この繰り返しで、違った味の日本酒を楽しめる。ただし、一度呑んだ日本酒は呑めないルールがあるので、注意が必要だ。

image

 

店員の知識
最大20人ぐらい入る店内は、店員が1人。ちょっと人手が足りないのではと思えるが、そこは手際よくお客の注文に答えていく。
10数種類の日本酒があると、切れのある日本酒は?フルーティーなのは?と色々と呑みたいお酒が変わってくる。そんなときには、店員に呑みたいお酒のタイプを訊くと、豊富な知識のもと選び出してくれる。どんな日本酒が呑みたいのかあまり分からなくても、「オススメを下さい」の一言で店員がお好みの日本酒を選んでくれる。
グラスに日本酒を注ぐタイミングで、「製造地」、「味」、「酒蔵のこだわり」など教えてくれる。
ここにいるだけで、日本酒通になれるぐらいである。

 

スタイリッシュな店内に、10数種類の日本酒の味を飲み比べられる。それも店員からの日本酒のうんちくが訊けて。日本酒好きには堪らないお店であるのは間違いない。

 

《お店情報》

店名:八咫(やた) 名古屋伏見店

住所:愛知県名古屋市中区錦2-7-29 GOTO BLD2 2F

電話:052-201-3534

定休日: 毎週日曜日  営業時間 15時~23時(L.O.22:30)

”愛知県名古屋市中区錦2-7-29