タイ産のマンゴー。食べ頃はいつ?定番な切り方。3枚おろしで無駄なくカット。

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

 

タイのマンゴーが旬ですね♪

 

近くのスーパーで入荷したてのマンゴー達が平台でどーん!と売ってあったので買ってみました。

image

ナムドクマイ種とマハチャノ種。

もう一個緑色のマンゴーがあったのですが、悩んで買うのをやめてしまい後悔。。。3日後に行った時にはなかった。。。

そういえば、迷ったら買いだということを聞いたことがありました。

image

ナムドクマイ種は「花のしずく」という意味だそうです。

トップシーズンでは糖度24度を記録したものもあります。

果皮・果肉ともに黄色をしており、熟度が増すにつれ白みを帯びた黄色から濃い黄色へと変わります。

食味は酸味が少なく、コクのある甘味で繊維質が少なく滑らかな食感が特徴です。(グローバルフルーツさんのHPより抜粋)

完熟で程よい甘さで食べることができました。

お尻のシワが食べ頃のサインですね。

 

image

マハチャノ種は

シーズンを迎えたマハチャノ種の平均糖度は15度前後で赤く色づく特徴的な色あいと、独特な強い香りと酸味・甘みのバランスが取れたおいしいマンゴーです。生食用だけでなく、近年はコンビニエンスストア等で加工用としての使用も増えております。2008年頃に輸入解禁となりました。(グローバルフルーツさんのHPより抜粋)

食べ時期がちょっと早かったかな~。

酸味が前面に出ていました。

もっと甘いはずなんだけど、、、

果肉もまだ硬かったのでもう少し、おいてから食べれば良かったな、と。

案の定、まだシワが出ていませんでしたね。

長男がマンゴーが好物なので酸味があっても喜んで食べていました♪

 

さて、切り方。

ご存知の方も多いと思いますが、

一応、、、

image

3枚おろしにします。

タネが薄いのですよね。

image

これだけ薄いので

結構思いっきり3枚おろしにしても大丈夫かな。

3枚おろしにしたら、皮を残して格子状にカット。
image

そのまま、皮を持って豪快に行っても良いし、

上品にスプーンやフォークを使っても良いです。

ちなみに、うちは長男はスプーン、長女次女は手で食べていました。(逆やろ・・・)

 

まとめ。

マンゴーの食べ頃は皮にシワがよってきたころ。

甘みと酸味のバランスが良くなるのでぜひ、シワが出てきたころに切ってくださいね♪

 

マンゴーの切り方の動画はこちらから

青いマンゴーを使っています。

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。