もやしと言ったらナムル?それもいいけど、こんな食べ方も美味しいよ。もやしの甘辛。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

給料日前に必ずと言っていいほど、この食材の出番が増えます。

そのコは~

 

もやし。

リーズナブルでいろんな料理に展開できるから重宝しています。

 

もやしといえば、スーパーに就職した際に一番初めに品出ししたと印象に残っている。

もやしは普通に積んでいくと必ず、崩れます。

でも、もやしの袋の上の方を下に挟み込むと落ちない。

もやしを見ると私の野菜の道のスタート時点を思い出させてくれる。

さて、そんなもやし、みなさんはどのように使われていますか?

炒める、ナムルにする、などいろいろ使えますが

最近はまっている食べ方。

 

もやしの甘辛煮。

image

材料は4つ。

もやし1袋、砂糖大匙1、しょうゆ大匙1/2、いりごま少々

 

作り方も簡単。

①もやしをさっと茹でる。

②お湯を捨てて(ざるにあけるのではなく、すこし水分を残して)、砂糖、しょうゆを入れて味がなじんだら完成。

お好みで炒りごまをかけてください♪

image

くったくたにもやしを茹でるのではなく、

シャキシャキ感を残すのがポイント。

甘辛い味のもやしはご飯がどんどん進みます。

 

炒め物に飽きたわ~という方、ぜひお試しくださいね♪

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。