常備菜で家事ストレス軽減 常備菜を作る3つのメリット

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

最近常備菜にはまっております。

3b0c1b371be524111708591892afb4ab_s

というもの、常備菜を作るようになったのには理由が3つあります。

 

①旦那の接待が入ると夕飯がぐっと簡素化するため野菜の摂取量が減る。

営業職のトヨは週1~3回接待がある。

その際、夕飯は子供たちが好きなものを作り、お手軽夕飯になりがち。

でもまとめて2~3日分の常備菜があれば、メインを作るだけでよくて強制的に野菜料理を食べられるようになる。

1回に2時間で10種類程度作り、週2回作る。

 

 

②毎日の旦那の弁当を作る手間を省きたい。

毎日お弁当のトヨ。

メインと3種類のおかずを入れているのですが、

副菜の3種類が悩むところ。

でも、常備菜があれば、そこから3つチョイスするだけなのでお手軽お気軽。

メインの魚やお肉を焼いて入れるだけ。

これもかなり、時短になり、ストレスフリーになった。

 

③毎日の夕飯作りの時短に。

仕事や子供の習い事などで夕飯を作り時間が遅くなることもあり、そんな時は子供が夕飯を待っていられない。

その場合、とりあえず、ゆかりおにぎりを与えておいて、

常備菜の中から好きなものを選ばせてバイキングみたいに食べれる量を自分で取らせる。

自分でプレートに盛り付けるので完食できることが多い。

実際、野菜苦手で有名な真ん中の息子は食べられる野菜が増えた。

常備菜を食べている間にメインを作ればいい、子供と自分、お互い余裕ができた。

 

このように3つのメリットを感じられるようになり、常備菜を週2回作ることにした。

次回からはうちの常備菜は何を作っているのかご紹介
します~!

 

 

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。