≪わさび菜≫サラダや加熱料理!どちらでも美味しく食べれます。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

 

葉っぱモン、いろいろありますよね。

 

ぴりっと辛みの効いたものから、灰汁のないすっきりとした菜っ葉まで、いろいろ。

 

菜っ葉好きにの我が家にはホウレンソウ、もしくは小松菜は夕食に毎回登場しますが

たまには違ったものも食べたい、ということで

今回はデパ地下で1袋100円で売っていた

わさび菜をご紹介。

image

この葉っぱのチリチリ感たまりませんな。

葉っぱに光が当たり透ける様子がキレイで、緑の濃淡が素敵。

 

わさび菜とは

鮮やかな緑色の「わさび菜」は、九州の在来種‘からし菜’の中から選抜固定、育成された品種です。ギザギザとした大きな葉は軟らかく、葉面はちりめん状に縮み、わさびに似たピリッとした辛みが特徴です。
ビタミンC、B2、Aなどのビタミン類が豊富に含まれている「わさび菜」は、老化やがんの予防効果があり、抗ストレス作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成を促進する働きが期待されます。 (行方市 農業振興センターより抜粋

 

 

どうやら、わさび菜は

生でも、加熱でもいけるとのこと。

image

生ではさっと洗い、コーンと一緒にアマニオイルと黒コショウ、少しの岩塩で、ガリガリと。

黒コショウと、わさび菜のピリッと感が相まってきりっとしまって美味しい。

 

 

辛みを抑えたいときは

加熱。

でも、手早くね。

長々加熱するとくったくたになってしまうから。

ウインナーととろけるチーズと一緒にさっと炒める。

image

さらにチーズが口当たりを滑らかにしてくれます。

image

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。