日向夏の白皮。あなたは食べる?食べない?

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

3月、いろんな柑橘が売り場を彩り、ワクワクしますね。

果物コーナーが楽しくって。

いろんな品種が出ているとじっくり見てたいのでその場に10分は居てしまう、迷惑な客です。笑

オレンジ色の皮のものやレモン色の皮のもの、香りの強いもの、いろいろあります。

今回ご紹介するのは、

他の柑橘とはちょっと違った食べ方をする柑橘。

 

日向夏。

ひゅうがなつって呼びます。

ひゅうがなっちゃんって呼んでる人もいます。

ご存知ですか?

日向夏といえば宮崎県が有名。

なかでも今回食べたのが種が入ってないもの。

種なしだと子供に食べさせるとき、楽ちんで良いですね。

料理に使うときも種を外さなくても良いので便利ですよ。

 

 

 

image

可愛いですよね。

 

さて、どうやって食べるのでしょうか?

 

 

image

柑橘ですが、

リンゴみたいな剝き方ですよね。

 

なぜって?

 

他の柑橘からは想像できないですよね。

 

そうなんです。

 

日向夏は白いわたわたの部分も食べるのです。

むしろ、白いところがほんのり甘くて美味しのデス。

果肉自体は柔らかくジューシー。味はあっさりしているので白皮とマッチするのです。

image

薄く黄色い部分を剝けと嬉しい。笑

 

image

他の柑橘と違ってぜひ白いわたわたと一緒に味わってほしいです。

 

いまだけの柑橘、ぜひ味わってみてください♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。