新玉ねぎをサラダで食べるとき、辛いときありませんか?私の辛みの和らげ方。

スポンサーリンク


こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

 

新玉ねぎの時期になりましたね。

いろんな新玉ねぎが出回ってきますが、皆さんはどのように食べていますか?

サラダで食べられることが多いかと思います。

新玉ねぎとはいえ、辛みしっかり抜けていますか?

新玉ねぎの辛みの和らぎ方のご紹介です。

460b2073375cee7c5e1c28e2079aa6fd_s

ステップ1

新玉ねぎのスライスは繊維を断ち切るように切る。

繊維は縦に走っているので輪切りの状態で薄くスライス。

繊維を断ち切ることによって辛み成分が揮発しやすいとのこと。

たとえば、外食のサラダバーも輪切りの薄切りになっておりところが多いように思います。

 

ステップ2

まだ、辛いですか?

 

では、バットか大き目のお皿になるべく重ならないように空気にさらしてみてください。

30分も置けばだいぶん辛みが飛びます。

1707ac4bc47a00d84fd4df2550244f5f_s

ステップ3

まだ辛い?

 

では水でさらしてさらに水の中で揉んでみてください。

これをすると食感がへたれるのですが、食感をしゃっきしゃっきにしたい場合、

氷水にさっとつけるとシャキ感は若干でます。

注:水溶性の栄養成分は流れやすいです。

 

ステップ4

え?まだまだ、辛い?

 

最後の手段。

あらかじめドレッシングなどに和えておく。

 

 

 

私はステップ2くらいが好きです。

新玉ねぎの美味しい時期、ぜひ辛みと甘みの間で楽しんでください♪

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。