私が読み聞かせを好きになった理由② 小学1年生におススメの本見つけた。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

本を読むのが苦手だった幼少時代。私が読み聞かせが好きになった理由①

こちらの続きを書きます。

話し方のボイストレーニングを始めてから私の読み聞かせの重要度が上がりました。

それまでは読み聞かせはほぼしていませんでした。

なぜ、読み聞かせを始めたのかというと

子供にも理解できるように活字を読む訓練をしたかったから。

 

はじめて読み聞かせをした本がこちら。

なかなか眠ってくれないお子様におススメの絵本「おやすみロジャー」

読み方にポイントがあります。

こちらの本はゆっくりゆったり、眠そうに読むこと。

個人差があるのでみんなにおススメーとは言いませんが我が家の子供たちには効果的です。

 

私が読み聞かせを始めたら、子供も喜ぶのですが、私自身も楽しくて!

キレイに読めると嬉しい。笑

 

嫌だ、苦手だと思って遠ざけていたけど、実際やってみると簡単で、楽しくて人生が豊かになる。

「嫌だ」とおもったこともいろいろチャレンジしていくことも大事かも。

新たな自分も発見できて良いしね。

 

読み聞かせって、親子のコミュニケーションにもなるし、物語も知れて一石二鳥♪

最近では私が読み聞かせをするので

何読みたい?って聞くと調子にのって一人2冊ずつ持って来るから、最後のロジャーを読むまでに時間がかかるかかる。笑

読み聞かせをするようになり、子供の語彙が増えてきたと思う。

思わぬメリットも!

長女が次女に読み聞かせをするようになった。

 

「こんこんこん、あなたはだぁれ?」

image

へびさんでてきたー!

image

といった感じで絵本がコミュニケーションツールになっている。

 

そして小学1年生の長女が読み聞かせで好きな本は

こちら。

優しい文章で

世界の偉人のストーリーがわかる。

image

このシリーズいろいろあるみたいでこの本が飽きたらまた別のシリーズ買ってみようかな。

171acc33534a3560f1c8176faea504dd_s

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。