手作りであること、決して味を落とさないこと。 名古屋のソウルフード。拘りのお店が大須にもあります。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエ大橋千珠です。

みなさん、なごや飯って何を思い浮かべますか?

えびふりゃ~、土手煮、きしめん、味噌カツ、手羽先、天むす とか!

私は天むすが大好きで

好きすぎてこんなレシピを作ったこともあります。

お店の味を再現!絶品天むす

 

そもそも天むすの始まりは

三重県津市大門にある天ぷら定食店「千寿」のまかない料理として考案されたのが始まりである。(wikipedia抜粋)

 

 

・鮮度のいい小エビを毎日必要な量だけ店に届けられる。
・綿実油100%のサラダ油でカラリと揚げます。揚げ油を一日で使い捨て、
 毎日新鮮な油を使っておいしい天むすに仕上げています。
のりは伊勢湾産  (天むす千寿さんHpより抜粋)

このようなこだわりっぷり。

image

天むすはいろんなお店が作っていますが、

こちらの天むすを食べてからというもの、ここのお店にはまってしまいました。

image

 

出来立ては格別だそう。

今度は出来立てを食べに行きたい。

 

【本店】
名古屋市中区大須四丁目10-82
052-262-0466
大津通赤門交差点を南に50m(南行き車線)
地下鉄上前津駅10番出口(大津通)を北へ200m
8時30分-18時 火曜水曜休み

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。