キャベツの値段が8倍になるのはなぜ?野菜・果物の価格はどうして変動するの?

スポンサーリンク

みなさんは、青果物の価格がどうして変わるか?ご存知ですか?

キャベツが1玉58円だったから凄く安かったのよ〜。

一方、キャベツが1玉400円近くなることもまります。

その差は、約8倍!!

主婦であれば感じられることは多いのではないでしょうか?

加工食品のカップラーメン、チョコレート、スナック菓子などは、特売日以外はあまり価格の変動はありませんよね。

では何故、青果物の値段が変わるのかについてお話しします。

 

需要と供給のバランス

学校の授業で需要と供給について習われたのではないでしょうか?

青果物の価格は「需要と供給」のバランスが直結します。

需要は青果物を食べることなので、季節変動はありますが、基本的にあまり変わりません。

しかし、供給は農作物だから変動します。

なぜ農作物の量は変動するか?

天気に左右されるからです。

特に、野菜類は時期によって作られる産地が決まっています。

例えば、夏場のキャベツは高冷地、東北、北海道など決まっています。

もし、東日本で天候不順が続くと、発育が悪くなり、生産ができなくなります。

一方、今年のような暖冬では、生育が早くなり、収穫する予定が前倒しで、供給過多に陥ります。

仮に、出荷数量が1.5倍で消費が1倍なら、0.5倍の青果物が残ります。

基本的にキャベツ、ほうれん草などの青果物は、日持ちがしないので、腐る前に全て使い切らなければなりません。

保存が効く農作物であれば、一時的に量が増えても価格の下落は少ないのですが…

青果物の多くは保存が効かなく、さらに需要も安定しているので、供給過多になると一気に価格が下落してしまいます。

天候次第ですので、農家さんは毎年博打を打つようなものですよね。

農家はハイリスク、ハイリターンの職業かもしれません。