美味しいお米の炊き方。キッチンスケールが必需品!

スポンサーリンク

みなさんはお米をおいしく炊く方法をご存知ですか?

毎日炊くのに、パサついたり、粘りが多いなどの味が変化していませんか?

キッチンスケールを使って、水加減を毎日一定にすると、ご飯の味の変化が起こりにくくなります。

それは、お米の味は次の3つで決まるからです。

①年産・産地・品種
②熱の加え方(炊飯)
③水加減

毎日食べているお米で、①、②は変わりません。しかし、③だけは毎日変わっているのではないでしょうか?

お釜の線に合わせて、水加減を調整されている方は、毎日の水の量は変わっています。繰り返しにはなりますが、その水加減の違いでご飯の味が変わってきます。

では、どのようにしたら毎日水の量を一定にできるのか?

その方法についてお話しします。

 

①キッチンスケールにお釜を乗せて、ゼロ設定する。

image
②お米をお釜に必要量入れ、ゼロ設定する。

image
③洗米して、水を加え、キッチンスケールに乗せる。
④②の重量✖️1.35〜1.45倍の水を加水する。(ここ重要)
   *水加減は品種・銘柄によって変わります。お好みの水加減を探してください。

image
⑤1時間水に浸して、その後炊飯し完成!

 

ポイント:水の量を同じにする。

*キッチンスケールは2kg以上で、1g単位を計れるのをオススメします。

 

 

 

まとめ

毎日ご飯の味が変わって困っている方は、キッチンスケールで水の量を計ってから、炊飯するのをオススメします。産地・銘柄によって変わりますが、水の量は1.35〜1.45倍が目安です。お好みの水加減を見つけてください。
毎日変わらないお米の味を、楽しんでください。

 

 

感動する米の食べ方、炊き方 (日経ホームマガジン)
日経BP社 (2015-11-19)
売り上げランキング: 103,123

 

 

うまい米が食べたい!

うまい米が食べたい!

posted with amazlet at 16.01.25
本当に美味しいごはんを食べる会 編著
洋泉社
売り上げランキング: 2,796

 

スポンサーリンク