え?甘酒が入ってるの?ヒガシマルの丸大豆うすくち吟旬芳醇。

スポンサーリンク


こんにちは。

野菜ソムリエぱるめんです。

今日は発酵食スペシャリストとして書きます。

スーパーに行くと、調味料のコーナーってすごく充実してますよね。

私は毎回違う調味料を買います。

たとえば、しょうゆ

結婚当初は食の知識が全くなかったので1本98円の特価品を迷うことなく買っていました。

1本800円、900円するしょうゆをおいてあるのを見て、誰が買うのかな、と思っていました。

でも、いまならそちらを買ってもいいのかな、と思います。

 

私が食材を買うのに大事にしていることは作る工程にストーリーがあるもの。

 

例えば、あなたはどう?知っている?情報、知識で美味しさは変わる?こちらにも書いてますが、

その商品の情報が付加価値となり、商品の価値をぐっと底上げできると思います。

 

生活者から見るとその商品の情報があるほうが安心感も増すんではないでしょうか?

いろいろな考え方があると思いますが、私は情報がついている商品をついつい買います。

 

さて、今回はこちら。

ヒガシマルの「超特選丸大豆うすくち」

しょうゆの原材料は麦、大豆、塩、水、麹菌です。

 

ちなみに、大豆が入っていないと「しょうゆ」と呼べないと聞きました。

たとえば、日東醸造さんのしろたまり。

現行法では大豆を使用していないためにしょうゆではなく小麦醸造調味料 と表示しておりますが、古来の麦醤を復興しています。 (日東醸造さんのHPより抜粋)

こちらのしろたまりもものすごく美味しくて好きなんですよね。

 

さて、ヒガシマルの超特選丸大豆うすくちは

image

国産原料(大豆・小麦・米・塩)を100%使用しています。特別醸造した特選グレードの淡口しょうゆは、ヒガシマル醤油だけの逸品です。大豆・小麦・米をじっくりと醸造し、特製甘酒(米発酵調味料)を加えることにより、まろやかでコクのあるうま味を実現しました。(ヒガシマルさんのHPより抜粋)

なんと甘酒も入っているのです。

image

甘酒と言いますが、白いどろっとしたものが入っているわけではないです。

見た目は普通のおしょうゆです。

しょうゆのシャープな感じはなく、角が取れてまろやかな感じです。

濃すぎないのですごく使いやすいです。

お正月のおもちは子供たちはみたらし風が良いというので砂糖としょうゆを混ぜたものをお餅につけて食べてますが、

ヒガシマルの丸大豆うすくち吟旬芳醇を使ってから「タレ美味しくなった」っていうのです。

しょうゆの味がわかるのか謎ですが、

美味しく食べれたので良しとします。

もうすぐなくなりそうですが、またこちらのしょうゆ買おうと思います♪

 

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。