春の七草、お粥を作るのが面倒な方におススメな商品はコレ。

スポンサーリンク

こんにちは。

野菜ソムリエぱるめんです。

おせちを食べて、ごちそういっぱい食べられた方多いかと思います。

我が家も毎年お正月はとよの実家九州に行き、ごちそう三昧ですが、今年はとよの仕事の兼ね合いで自宅でちょっと豪華な普通のごはんを食べてました。

 

さて、たくさんごちそう食べておなかも苦しくなってきていませんか。

1月7日に食べるとよいとされる春の七草。

8ede872c9ade8f369a0845ecf2f8c375_s

1月7日は七草粥には無病息災の意味があるのでしょうか。七草粥に使われている春の七草は、早春の頃、一番に芽吹くのです。

そのため、七草粥は邪気を払うと言われていたのです。邪気を払う=無病息災。

胃腸にとても優しいので、お正月で疲れ切ってしまった胃にも効果的です。

(七草粥を食べる理由を紹介のHPより抜粋)

1月3日にスーパーに行ったら春の七草が1パック398円(税抜き)

お値段にも驚きました、去年は298円だったと記憶していますが、、、

ですので今年は乾燥春の七草を使ったこだま食品さんの春の七草茶漬けを買ってみました。

image

こだま食品株式会社は、乾燥野菜の加工品を中心とした食品開発会社です。(こだま食品さんHPより抜粋)

乾燥野菜のラインナップがすごいです。

うちの近くのスーパーに日本の干し野菜シリーズがいろんな種類おいてあって重宝します。

ホウレンソウ、きくらげ、切り干し大根、にんじんなどなど、購入したことがありますがみそ汁にしたらいい出汁が出ましたよ。きくらげは中華に使いました。国産のきくらげもうれしいですよね♪

 

さて、本題です。

春の七草茶漬けはおかゆを作らなくて普通のごはんを炊くだけだから簡単。

image

お花が可愛いですね。長女、次女はこのお花にテンション上がってました。

 

image

野菜が苦手な長男も食べてました。

七草と気づかず・・・

抹茶も入っているのでコクが増して、草っぽさがなく

こどもも美味しく食べられるので、生の七草粥をたべるよりハードルが低くておススメです♪

 

 

 

参加募集中の『食』の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。