米屋が思う。ブレイク前のお米はこれだ!「青天の霹靂(へきれき)」青森県産

スポンサーリンク

みなさんは、青森のお米と聞いてどんな品種があるかご存知ですか?

青森まっしぐら、青森つがるロマンなどの独特の品種が御座います。スーパーで販売されているこれらの品種は、コシヒカリ、あきたこまちに比べると、お値打です。特に、青森県で栽培されているお米は、低価格帯が多くを占めていおります。その為に、味が抜群に良くて、値段が高い「北海道 ゆめぴりか」、「山形 つや姫」のようなお米の開発が進んでいました。

その品種を2015年12月23日に初めて、スーパー(FEEL)の売り場で、僕は目にしました。

その名は「青天の霹靂(せいてんのへきれき)」

 

image

インパクトのあるネーミングだと思います。一度聞いたら忘れるのが難しいぐらいです。

ネーミングの意味は次の通りです。

「青」は青森の青森、「天」は遥かに広がる北の空。「霹靂」は稲妻。稲に寄り添い米を実らせます。青森の森の力、水の力、土の力、そして人の力、米作りの思いが生み出した新品種。粘りとキレのバランスがいい。上品な甘みの残る味わいです。 (米袋に明記)

image

パールライスさんの精米で「全農 青森県本部」さんが販売されています。

価格:1,180円/2kg (税抜)  *新潟コシヒカリ、北海道ゆめぴりかよりも高い価格設定です。

お米はとても綺麗で、乳白色したお米、割れたお米はほとんど入っていませんでした。

image

 

早速、試食しました。

口の中に広がる甘みと、コシヒカリよりも強い粘りがあります。さらに、お米が一粒一粒ほぐれ、どんぶりにしても相性が良さそうです。しつこくなくて、毎日食べても飽きない味だと思いました。

全農青森さんも本腰を入れてPRしています。この美味しさがあれば、「北海道 ゆめぴりか」、「山形 つや姫」と同じようにブレイクすると僕は思っています。

これから目が離せない「青森 青天の霹靂」でした。