福島の銘菓 三万石の「ままどおる」は白餡がぎっしり!!

懐かしいパッケージに入った長方形の甘味

福島の有名お菓子「ままどおる」(株式会社 三万石)が、ぽつんと会社のデスクの上に置かれていた。

いつもの風景と変わらない書類の散乱した上に、黄色のパッケージが異彩を放っていた。

福島出身の会社の同僚のお土産が、配られたあとの光景。いつもと同じ、なんの説明もなくお菓子だけが載っている。

ブログを書き始めて、珍しいお菓子は是非調べて食べたい。

食の情報が無ければ、美味しさは半減すると思っている。情報がストーリーを作り、口の中で物語が読まれ美味しさがアップする。

さっそく、お土産を買ってくれた同僚にリサーチ・・・

福島県では誰しも知っている有名なお菓子。だから、お土産によく使われている。美味しいのは食べたらわかるとのこと。

この情報だけでも、知っているのと知らないのでは、味に違いが生まれる。

さらに、「ままどおる」を製造しているお店のHPには次の文章が掲載されていた。

ずっと変わらないやさしい味のままどおる。

バターを使った生地で、ミルク味のあんを包み込んだ焼き菓子です。

ままどおるはスペイン語で「お乳を飲む人」という意味があります。

三万石の代表銘菓としておなじみです。

主観的(製造元)と客観的(同僚)の感想をまとめると、商品への知識が深まり、味へ反映します。

人の味覚は、食べる前の情報により大きく変化すると思います(僕の感想)。

情報収集を終わり、さっそく頂くことに。

IMG_8231

賞味期限はわかりやすく大きく側面に印字され、その流れで原材料などの情報が裏側へと続いている。

一番多く使われている原料は「白生餡」と贅沢である。

IMG_8232

IMG_8233

レトロなパッケージを開くと、二重包装で丁寧に包まれていた。「ままどおる」の表面に「mamado」と記されている。

可愛らしく、子供が喜ぶのではんないだろうか。

IMG_8236

半分に割ってみると餡がぎっしりと詰まっており、申し訳なさい程度にこんがりと焼けた生地が顔を覗かせる。

IMG_8237

手に持ったときの柔らかな触感が口の中に入れても変わらず、ほろっと崩れる。

それと同時に、濃厚な白餡の甘さと、ミルクの香りが口の中に広がる。

食べ終わったあとでも、「ままどおる」の甘さの余韻を楽しめる商品である。

福島へ行く機会があれば、是非お土産に買って帰りたい。

 

三万石 ままどおる (10個入)【常温便】
三万石
売り上げランキング: 95,137

 

もうひとつ記事を読んでいきませんか? 

 

現在募集中の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です