あなたはダイエットに失敗して「自分自身」を責めていませんか?

スポンサーリンク

ダイエットを失敗する方の多くは無理な計画を立てています。

 

「今日から食事の量を半分にする。」「絶対、炭水化物はとらない」「添加物は体に悪いから、無添加食材を摂る」などなど・・・

極端な行動に移す方が多くいます。2、3日はこの食事でも続くと思いますが、1ヶ月も続けるのは、よほど心が強くないと難しいと思います。

ではどうやったら続けられるのか、それは自分自身をお客様として扱うことです。

 

自分を裏切っている。

b835e3eb7f6b3e526a61a4b6c762eb2a_s

あなたは、今までに英語を毎日30分勉強する。週3回ランニングをする。禁煙をする。などなど目標を立て、それが実現しなかったことがありませんでしたか?その一つにダイエットも入っていませんか?

僕も、元日に立てた目標は3日後には、続いていません。そうなると、目標を達成できなかった自分はとてもダメな人間だ。俺は何をやっても続かないと思ってしまいます。

しかし、この考えはとても怖いです。自分で自分を否定しているのです。これを否定する人を親に置き換えてみます。

親から「お前は何をやっても続かないな~」、「どうして言ったことが出来ないんだ」、「約束を破ってばかりいるお前はダメ人間だ」と言われているのです。目標に挫折するごとに、親に否定されていたら、「自分はダメな出来ない人間だ」と思いますよね。とても悲惨なことが分かります。

だから、目標に失敗しても自分を攻めるのではなく、何が悪くてその目標を達成できなかったのか分析することが大切です。

 

自分を大切なお客様として扱う!

8e6d0f0b00b4a672a4ac18bde87a177f_s

僕は、自分が世界で一番大切だと思っています。ナルシストではないですよ(笑)。ほとんどの人はそうだと思います。

しかし、その大切な人の目標(約束)を破っていると考えるとどうでしょうか?それはとても恐ろしいですよね。

自分を大切なお客様と置き換えると、わかりやすいと思います。

大切なお客様と朝6時に待ち合わせして、出張に出かけるとします。その場合、絶対に遅刻しないですよね。お客様よりも早く待ち合わせ場所に到着して、待っているはずです。しかし、それが自分との約束なら、いとも簡単に破ってしまうんです。そして、自己嫌悪に落ちて自分を否定する。その悪循環を絶つために、まずは自分と簡単な約束をして、約束を守って下さい。約束を守ったら自分で自分を誉めて下さい。そうすれば、自ずと難しい約束も守れるようになります。

 

まとめ

ダイエットに失敗して、自己嫌悪に陥るときは自分を責めるのではなく、やり方が悪かったと思う。自分を大切なお客様と想い、小さな約束を少しずつ守って下さい。そうすれば、自ずとダイエットは成功に近づくと思います。
もうひとつ記事を読んでいきませんか? 

 

現在募集中の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。