あなたはどれから食べる?ダイエットには食べる順番が大切!

スポンサーリンク

ダイエットの敵は自己コントロールだと思います。しかし、人は欲望にはなかなか勝てないんです。例えば、お腹が空いて大好きなチーズケーキが目の前にあれば、食べてしまいますよね。よほど意志が強い人以外では・・・。

僕はまずはおやつの時間、夕食後に空腹にならないように、努めることが大切だと考えています。

例えば、空腹の時と、満腹の時ではどちらが大好きなチーズケーキを食べるでしょうか?

答えは、空腹の時ですよね。

 

 

血糖値が急激にあがると体に悪い。

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

おやつ、夜食のメニューは基本的に糖質が多く含まれています。例えば、チョコレート、クッキー、ドーナツ、ポテトチップス、ラーメンなどなど・・・。これらの糖質を多く含む食べ物は、急激に血糖値を上げてしまいます。

以前ブログでもお伝えしましたが、急激な血糖値の上昇は、急激な血糖値の下落にも繋がり、お腹が空く原因になります(あなたにも当てはまる!ダイエット中の空腹はこれが原因だった。)そして、なによりも体に悪いです。血糖値が急上昇すると、体内ではインスリンという血糖値を下げるホルモンが分泌されます。それにより、血液中の糖は細胞の中に、脂肪として取り込まれます。その結果、肥満体質になり、メタボリックへ前進します。このインスリンを頻繁に使う食事をしていると、糖尿病になる確率が高まります。

 

 

野菜を最初に食べると血糖値の上昇が穏やかに

fc22f2f1d202144a5476d0bc2b5cf267_s

おやつ、夜食を食べないようにするには、まずは小腹が空くのを少なくします。では、その方法について説明します。

ごはん、味噌汁、焼き魚、生サラダがあると、みなさんはどれから箸を付けますか?同じ食事でも食べる順番によって、空腹感が違ってきます。

まず避けたい食べ物は、ご飯です。ご飯は糖質・炭水化物がメインですので、最初に食べるのは避けた方がいいです。この4つの食べ物の中で最も血糖値が上がりにくいのは、生サラダです。

野菜はとてもカロリーが低い食べ物です。例えばトマトは100gで19kgカロリーしかありません。その代わりに食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

まずは、生サラダを食べると胃の中で、最初に生サラダが消化されます。それから、次に食べたものが層になって順番に胃の中で消化されます。まずは、生サラダを食べれば、ご飯を最初に食べるのに比べて血糖値の上昇は抑えられます。

食事をするときにはまずは野菜(副菜)をすべて食べてから、次の食べ物を食べるのをオススメします。

 

 

まとめ

おやつ、夜食は糖質・炭水化物が豊富に含まれています。その結果、急激な血糖値の上昇を招きます。それを防ぐには、まずは小腹を空かせないことです。

野菜(副菜)をすべて食べてから、次の食材を食べることをオススメします。血糖値の急上昇を抑えてくれます。

 

 

 

もうひとつ記事を読んでいきませんか? 

 

現在募集中の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。