野菜が最強のダイエット食材の理由!!低カロリー&高栄養素

あなたは、なぜ野菜が最強のダイエット食材だと思いますか?

何となく体にいい気がするけど、理由が分からないとおっしゃる方は必見です。

野菜はダイエットの大敵のカロリーが低く、さらに健康に良いとされる栄養素が豊富に含まれているのです。

 

では早速見ていきましょう。

 

06a7193a7e7bff82fcb5b3f04bf51897_s 

 

野菜はカロリーが低い

みなさんは毎日野菜をどれぐらい食べていますか?国が推奨している野菜の量は350gです。おそらく、多くの方はこの350gを越えていないと思います。仮に、350gをトマトだけで摂取したらどれぐらいのカロリーになると思いますか?

因みに、食パン350gは924kgです。これは成人男性の約4割のカロリーです。では、トマトは67kgです。食パンと比べると約1/14倍低いカロリーです。野菜の中でもカロリーが高い「かぼちゃ」でも、319kgと、食パンの約1/3倍です。この結果からでも野菜はカロリーが低いことがうなずけますよね。

 

野菜の栄養成分について

 カロリーを意識してダイエットを始めると、肌荒れ、便秘、冷え性につながる可能性があります。特に偏ったダイエットは、往々にして栄養が不足します。食べる量を制限するのでお腹が空きやすくなり、イライラの原因になります。

 これを解決する方法が、野菜を摂取することです。前述の通り、野菜はカロリーが低くい食べ物です。それ以外にもメリットは、栄養価が高いことが挙げられます。例えば、トマトは抗酸化作用のあるリコピンや、ビタミンKなどが豊富に含まれています。さらに、食物繊維、ミネラルも他の食材に比べて豊潤であり、健康的な食材です。

さらに、カロリーが低いので、お腹いっぱい野菜を食べても太る心配はありません。

炭水化物・糖質の代わりに野菜をお腹いっぱい食べることで、ダイエット中にも関わらず、満腹感が得られます。さらに、便秘、肌荒れも解消されやすくなります。

 僕の友人は、炭水化物・糖質の代わりに野菜を食べるようになって、1週間に1回のだった便通が、毎日に変わったと言っています。このように良い方向へ体質がシフトしていくことが期待されます。

ただし、野菜だけではタンパク質が不足しますので、おかずは通常と変わらないか、若干多くとっても大丈夫です。

 

まとめ

 野菜は最強のダイエット食材です。ダイエットの大敵のカロリーが低く、ダイエット時に不足しがちな、ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含んでいる万能食材です。炭水化物・糖質の代わりに野菜を食べると、体重が落ちて、さらに健康的な体質へ変わっていくと思います。

もし宜しければ、一度お試し下さい。

 

 

もうひとつ記事を読んでいきませんか?

 

現在募集中の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。




《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です