フリーランスの嫁は忙しい。買い物は旦那が担当する3つのメリット

スポンサーリンク

 

フリーランスの嫁は忙しい。

 僕もそれは十分理解していると思っていた。だから、家事、育児にも積極的に参加していると思っていた・・・。しかし、実際はそうではなかった。

営業マンの僕は最低週1回、多いときで週4回、お客さんと会食(接待)がある。日付が変わった2時、3時以降に帰宅することもある。その時は嫁がすべて家事をこなし、自分のフリーランスの仕事を終わらせている。

そんな僕の日頃のタイムスケジュールを再確認すると、家事、育児に当てている時間は本当に少なかった。

 

そこでまずは、嫁の家事、一つ一つ分析していくと・・・

皿洗い15分、洗濯15分、掃除20分、料理60分など1つ1つの時間は短い。しかし、これは毎日、ほぼ決まった時間でこなす家事である。僕みたいな、帰宅が不規則な旦那はこの家事を担当することは難しい。

それ以外の家事の掛かる時間を確認すると、90分以上の家事が1つ出てきた。

それは、買い物である。

 

買い物は前述した皿洗い、洗濯などの決まった時間に発生する作業ではなく、こちらのスケジュールで対応することができる家事である。

僕はそこに目を付けた。

嫁の代わりに、子供達(3人)をつれて土曜日、日曜日にお買い物。

 

嫁の時間作り&笑顔

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_s

実際、子供達をつれて嫁の指示通りにお買い物。所要時間は約2時間。その間、嫁は一人の時間を過ごして少しはリフレッシュできる。子供達がいると、フリーランスの仕事がスムーズに進まない。それが、嫁一人の時間ができ、時間が掛かる家事が無くなる。

その結果、嫁の機嫌も良くなり、買い物からの帰ってくると笑顔で迎えてくる。

夫婦仲もより一層よくなる。

 

日常的な常識がわかる。

 

子供達と買い物に行くと、子供の好きなお菓子や、キャラクターが分かってくる。さらに、日常的な常識が理解できるようになる。例えば、今日はトマトが安い、最近レタスの値段が2倍ぐらい高くなっているなど。日常的な価格が分かるようになる。

これを長く続けると、毎日食べているキウイフルーツは12月~3月ぐらいまでは国内産になるとか、12月に比べると3月、4月はイチゴが安くなるなど分かるようになる。

日常的な常識が身についてくる。

 

仕事に活用できる。

僕は買い物に行くと、特売情報を見ている。毎週決まって特売している商品や、滅多に安くならない商品など解ってくる。CMで流れている商品は特に特売になる確率が高い。

よく見ていくと、特売商品はお客さんがよく目につく場所に置かれ、さらに陳列が綺麗、派手でお客さんの購買意欲を引き立てる。これは営業マンの僕としてもとても参考になる。

1、お客様との話題作り。

2、上手い見せ方、キャッチコピー(資料作りに役立つ)

3、流行が理解できる。

 

これは営業マン以外の職種でも、ご自身のお仕事に照らし合わせると仕事に活用できると思います。

 

まとめ

 

フリーランスの嫁の買い物を代行するとこんなメリットあった。

①嫁の時間、笑顔が作れる。

②日常の常識が分かるようになる。

③旦那の仕事に活用できる。

 嫁を少しでも時間が作れて、さらには旦那の仕事にもメリットがある。もし、お時間が許せば買い物に出かけては如何でしょうか?ちょっと変わったスーパーの風景が見えてくると思います。

 

 

もうひとつ記事を読んでいきませんか?

 

現在募集中の講座です。

旬の野菜・果物、珍しい食材などを使った講座など開講しています。ご興味がありましたご覧下さい。