つなぎすとサロンさんでの野菜教室

 

 

 

 

 

 

こんにちは。野菜ソムリエぱるめんです。

先日、つなぎすとの米田さん主催の講座に参加してきました。

 

関西中心に講座を展開されていて年2回ほど名古屋に来て講座を開講しているようです。

週末になんと6講座!

そのうちのひとつ、野菜教室に参加しました。

 

大阪市場に勤めてらっしゃった堂山先生の講座。

 

じゃがいもの食べ比べ講座。

市場ならではの経験・知識などお話されていて楽しかったです。

じゃがいもの蒸れないケースの積み方や芽止めじゃがいもの話など、なるほど~と面白かったですね。

 

食べ比べは予備知識なしでの試食タイム。

IMG_9312

今回はすべて圧力鍋で蒸したとのこと。

 

 

食べて食感などいろいろ考えて表に書き込むとこんな感じ。

IMG_9313

食べ比べは品質の個体差、火の通し方、でんぷんが糖にかわる野菜は熟度によっても変わってくるので本当面白い。

 

そして最近糖質を意識してじゃがいもとは離れた生活をしていたので久しぶりにじゃがいも食べたーって感じです。

 

今回はきたかむいが口にあいました。

「きたかむい」は「男しゃく」に比べ、でん粉は多くありませんが、貯蔵によるでん粉の糖化が進みやすく、驚くほどの甘みを感じることができます。 (JAようてい HP抜粋)

 

いちごの食べ比べなんかは本当に違いが分かりやすくて面白い。

1月、2月、3月で味がぜんぜん違うんですよ。

1月2月が味、乗ってますね。

 

柑橘酸の抜け感によっても味が変わりますね。

酸や水分が抜けすぎてスカスカになっては美味しくないし、収穫したては酸が主張しすぎるし、ほど良いころあいに食べられると嬉しいですね。

ちなみに私は八朔が大好きです。

甘夏までいくと私には酸が強すぎるんです~。

でも酢の物の酢の変わりに甘夏を使うと、とっても美味しいですよ。

 

つなぎすとさんのお野菜教室はまた名古屋でもあるみたいです。

次回のテーマはなにかな?

 

 

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。