①私が野菜ソムリエになった理由。

こんにちは。野菜ソムリエ大橋千珠です。

今はフリーで野菜ソムリエとして活動しています。

ここまでくるのにいろいろ葛藤がありました。

 

①私がなぜ野菜ソムリエになったか。

②出産退職して普通の主婦になった自分への葛藤。

③チャンス、きっかけ、家庭との両立

④人脈作り

⑤フリーランスをはじめて私が陥った罠

⑥時間作り

⑦これからの展望

 

の⑦シリーズで書いていきます。

ではまず①つめの

なぜ私が野菜ソムリエになったのか、を書いていこうと思います。

IMG_7518

 

よくある言葉ですが

野菜ソムリエを取得して人生変わりました。

 

 

ではどのように変わったのかというと言うところからはじめましょう。

 

野菜ソムリエということは小さい頃から野菜が好物だった?

 

いえいえ、野菜はどちらかというと苦手なものでした。

作ってもらった野菜料理はちゃんと残す子供でした。

なので野菜苦手な子の気持ちはわかる。

 

ではなぜ、野菜が好きになったのか。

今日はぱるめんと野菜との出会いを書いていきます。

 

 

時はさかのぼり約10年以上も前です。

就職活動をしていました。

人と接する仕事が好きだったので

接客業を中心に活動してました。

 

そしてあるスーパーの社長面接で言われた一言。

「せっかくお金貰って学べるんだから手に職を付けられる部署に行ったらどうだい?」

手に職・・・?

「青果なんてどうだい?野菜果物の目利きになったらかっこいいよ」

目利き!

その言葉にこころを動かされ、そのまま入社。

大学では表現を学ぶ学部。

野菜や食事とは無関係な学部。

野菜料理は進んで食べない。

ジャンキーフード大好き。

スーパーに行った事ない。

こんな状態で売り場にいきなり投入。

ユニフォーム着て店頭で品出し。

お客様に質問されるわけです。

「キャベツをサラダにしたいんだけどどの種類のキャベツが柔らかい?」

「甘いトマトを選んで」

困った。困った。野菜果物の知識はおろか、経験も無いズブの素人がユニフォーム着て店頭にいる。

いっきに恥ずかしくなってしまった。

でもよくよく考えると、当たり前のこと。

ユニフォーム着て店頭にいたら経験豊かな先輩だろうと入りたての新入社員だろうとお客様には関係ない。

このままではいけない!と思いふとテレビを見たら

長谷川理恵さんが「野菜ソムリエ」取得!

なんてのを放送していた。

IMG_7064

 

 

 

なになになに!野菜ソムリエって?野菜の博士なのか?

 

野菜の知識を勉強できる。

現場での経験はつまなければならない。でも知識を手に入れたらすぐ活かせる思い、

すぐにホームページで調べて申し込んだ。

ほどなく講座ははじまり知らないことばかりの講座はとっても充実していて楽しかった。

何が楽しかったかというと勉強したことが翌日すぐ売り場で実践できる、確認できるというところ。

 

IMG_7467

大人になってから学ぶのは楽しくて、

それがすぐ実践できるのがさらに楽しくて

中級もすぐに受講。

中級取るころには売場長になり、売り場の管理をするようになった。

売り場作り、発注、特売の仕掛け方、売り上げの取りかたなど。

 

そしてお客さんからまたある質問をされました。

「みかんはどうやって成っているの?みかんは枝の場所によって甘さが違うって聞いたけど、どうなの?」

「スイカは1番成りが美味しいのよね~。美味しいすいか教えて頂戴」

 

は!私畑のことなにも知らない!

 

これではいかん。と思い中央卸売市場に転職。

 

IMG_6967

 

というところで今日はここまで。次回は

②出産退職して普通の主婦になった自分への葛藤。

を書いていきます。

 

 

シリーズ記事はこちらから

①私がなぜ野菜ソムリエになったか。

②出産退職して普通の主婦になった自分への葛藤。

③チャンス、きっかけ、家庭との両立

④人脈作り。自分を知ってもらうためにすること。

⑤フリーランスをはじめて私が陥った罠

⑥フリーランスの主婦が実践。家事を効率よく仕事時間を作るコツ。

⑦これからの展望。野菜ソムリエの私の夢。

 

 

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。