秋田土産「ピューレジュース」はトマトの濃厚さが楽しめる。 野菜ソムリエレポート

トマトジュースとピューレの2通りが楽しめる「秋田土産」(JA秋田ふるさと)

イタリア生まれのシシリアンルージュ(トマトの品種)を秋田県横手地域で栽培して、作った「無塩・無添加」の100%ストレートジュース

お孫さん、お子さんにはジュースとして、料理をする方にはトマトピューレとして活用ができる「秋田土産」

IMG_8101

こんにちは。

野菜ソムリエの「とよ」です。

「ぱる(嫁)」と一緒に野菜ソムリエとして、情報を発信しています。

今回は、野菜ソムリエの視点から秋田土産(ジュース編)の「トマトピューレジュース」をご紹介します。

 

トマトが赤くなれば、医者が青くなる。

トマトは栄養価の高い野菜であることは、みなさんはよくご存知だと思います。

トマトの赤色はリコピンと言って、老化を予防してくれる抗酸化物質が豊富に含まれています。

リコピンの抗酸化力はビタミンEに比べると、100倍もの作用を持つと言われています。

特に、加工用のトマト(生で食べるのには適さない)は生食用のトマトに比べると、リコピンが2〜3倍多い研究結果もあります。

秋田土産の「トマトピューレジュース」は加工用トマトの「シシリアンルージュ」で作られています。

トマトの格言として、「トマトが赤くなれば、医者が青くなる」と言われるほど、栄養価が高い野菜です。

この格言は、「赤いトマトを食べると健康になり、医者にかかる患者が少なく、医者が生活できなくなる」との意味です。

トマトは老化予防、健康維持に期待できます。

 

シシリアンルージュはイタリア生まれの真っ赤なトマト

日本ではトマトは生食用がメインで、スーパーマケットで売られ、食卓にも生のトマトが並びます。

一方、家庭で加工してトマトケチャップ、ピューレなどに使うことは少ないと思います。

その理由としては、「加工用の安価なトマトが少ない」、「市販品のトマトケチャップ、ピューレを買ったほうが安い」などが挙げられます。

加工用トマトの代表的な品種の一つに「シシリアンルージュ」があります。

イタリア生まれの「シシリアンルージュ」は中玉トマトの属し、リコピンはピンク系大玉トマトに比べると約8倍とのこと。

さらに、旨味成分であるグルタミン酸が約3倍とミーソソース、トマト鍋などに使うと、旨味のある料理が出来上がります。

 

太陽をいっぱい浴びたトマトだからできる濃厚なピューレジュース

ちょっと前置きが長くなりましたが、「トマトピューレジュース」(JA秋田ふるさと)をご紹介します。

今回はみなさんと同じで、秋田旅行のお土産として、秋田空港のお土産屋さんで購入しました。

僕は子供達へのお土産でした。

野菜ソムリエの視点から、野菜・果物の加工用食品を見てみると・・・

IMG_8116

まずは、鮮やかな赤がグラスの中で主張し、いかにも栄養がたっぷり入った「ピューレジュース」だとイメージできます。

生トマトをミキサーに掛けたような粘性があり、「無塩・無添加」の100%ストレートジュースであるとことが納得できます。

IMG_8102

味は濃厚なトマトの酸味と旨味が口の中で広がり、後を追って柔らかな甘みが鼻から抜けます。

”「絡みつく旨さ」の表現がピッタリ!”とパッケージに書いてあることが頷けます。

それほどまでにも濃厚なピューレジュースです。

IMG_8122

トマトジュースとして飲んでいただいてもOKです。

ピューレとして料理に使用していただいても美味しく食べられます。

”イタリア生まれ横手育ち”のトマトジュースピューレは秋田土産としてオススメです。

2通りの活用方法で、お土産をもらった方を楽しませてみては如何でしょうか?

 

まとめ

商品名:「ピューレジュース」(JA秋田ふるさと)

価格:150〜200円/袋 (うる覚えです。)

購入場所:秋田空港 お土産屋 (今回の購入場所)

特徴:①抗酸化物資のリコピンが豊富に入っいる「シシリアンルージュ」を使用

   ②無塩・無添加なので、お子さん・お孫さんに安心して飲ませれる。

   ③濃厚な味わいは、ジュースとしても、ピューレとしても利用できる。

 

その他の秋田のお土産情報です。

秋田土産として「葡萄のしずく」(JA秋田ふるさと) 野菜ソムリエがオススメします。

秋田土産「空飛ぶりんご」(雄和りんご園)は美味しかった。野菜ソムリエレポート

野菜ソムリエがオススメする「秋田県のお土産 〜ジュース編〜」

 

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

《お任せ下さい》料理レシピ開発・作成

レシピ開発・作成を自社でされていませんか?人件費を掛けれないから、時間がないから、専門的な知識がないからレシピは作れない・・・など問題はございませんか?

野菜ソムリエ、みそ汁協会指定講師の「大橋 千珠」がその問題の解決をお手伝いを致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です