秋田土産として「葡萄のしずく」(JA秋田ふるさと) 野菜ソムリエがオススメします。

スポンサーリンク

ワインを思わせる味の葡萄ジュースに初めて出会いました。

濃厚な味わいが、お土産で頂いた方も喜んでもらえると思います。

先日の秋田旅行の際に、野菜ソムリエらしいお土産を探していた時に、秋田空港で出会いました。

「葡萄のしずく」(JA秋田ふるさと)

IMG_7902

秋田空港の土産店の冷蔵ケースに並んでいました。

紫色の背景と葡萄の絵が、印象的なパッケージです。

価格は価格:150円〜200円/袋 (価格はうる覚えです)

果汁100%のストレート葡萄ジュースで、使っている葡萄の品種はスチューベンです。

IMG_7904

 

甘みの強いスチューベンをジュースに

スチューベンはアメリカ・ニューヨーク生まれの葡萄で、寒い地域で栽培されています。

日本では東北がメイン産地です。

9月、10月に収穫され、貯蔵性にも優れており、収穫後翌年の2月まで店頭に並びます。

粒の大きさはデラウエアよりも大きく、巨峰よりも小さく、重さは3〜5g程度。

糖度は20度以上になることもあり、酸味が少なく非常に甘みが強いのが特徴です。

貯蔵性が高く、酸味が少なく甘みが高いスチューベンは、ジュースにするには最適な品種だと思います。

この良質な品種を使った「葡萄のしずく」を野菜ソムリエの側面からレポートします。

 

濃厚な甘みがワインを思わせる。

早速、ジュースの袋を左から右に開けると、芳醇な葡萄の香りが鼻に到着します。

グラスに注ぐと、「葡萄のしずく」のパッケージと同じ色の葡萄特有の濃い紫色が、現れます。

IMG_7906

少し粘性が高いジュースを口に運ぶと、ワインを思わせるような芳醇な香りが臭覚を刺激します。

それからすぐに、上質な甘みが口の中に広がり、あっという間にグラスが空になる程です。

IMG_7909

飲み方は、常温よりも冷やして飲まれると、より美味しく頂けます。

また、凍らせてシャーベットにしてもお楽しみ頂けます。

 

まとめ

商品名:「葡萄のしずく」(JA秋田ふるさと)

価格:150〜180円/袋(ウル覚えです。)

購入場所:秋田空港 お土産屋 (今回の購入場所)

特徴:①果汁100%のストレート葡萄ジュース (ストレートの表現についてはこちらに解説)

   ②貯蔵性が高く、甘みの強いニューヨーク生まれの「スチューベン」で作ったジュース

   ③ワインを思わせる芳醇な香りと、子どもでも楽しめる自然な甘さのあるジュース

 



その他の秋田のお土産情報です。

秋田土産「空飛ぶりんご」(雄和りんご園)は美味しかった。野菜ソムリエレポート

秋田土産「ピューレジュース」はトマトの濃厚さが楽しめる。 野菜ソムリエレポート

野菜ソムリエがオススメする「秋田県のお土産 〜ジュース編〜」