野菜ソムリエが伝える極早生みかん(宮崎県産)& 美味しいみかんの見分け方

スポンサーリンク

宮崎県の極早生みかん

今年もこの時期がやってきた。

甘みも強く、酸抜けも良かった。

糖度は9.7度と「極早生みかん」としては上々!!

IMG_7156
1.極早生みかんは9月中旬〜10月中旬が旬

みかんがスーパーの店頭に並ぶと、今年もこの時期がやってきたんだと思う。

僕が市場に勤めていた初年度(社会人1年目)で、初めて商品を仲卸に販売したのが、極早生みかんである。

とても思い入れの深い果物だ。

極早生みかんは全体的に青みがかっていて、所々黄色く色づいている。

この青みが極早生みかんの特徴で、甘酸っぱいイメージがある。

スーパーに並んでいた宮崎県の極早生みかんを早速レポートしよう。

IMG_7161宮崎県は温暖な気候もあり、東海地方では最も早いみかんの産地である。

その後、三重の極早生が一斉に店頭に並び、みかんの本格シーズンに突入する。

みかんはハウスみかんを含めると年中スーパーで販売されている。

しかし、生産量は9月〜12月がピークである。

まずは9月中旬〜10月中旬まで極早生みかんが出回る。

その後、10月中旬〜11月下旬まで早生みかん(これが一番甘みがある「みかん」だと思う)

さらに、11月下旬〜12月下旬までは晩生みかん(早生みかんに比べて、内皮が厚い「みかん」)

このように9月〜12月までは品種を変えながらスーパーに並ぶ。

時期によって食べれるみかんの種類が変わってくる。

そこが、果物の楽しいところの一つである。

 

2.みかんはSサイズがオススメ

今回購入した「極早生みかん」はSサイズ

みかんはSサイズが断然オススメである。

みかんの甘みは果実が小さい時にすでに決まっている。

その為に、大きなみかんよりも、小さいみかんが甘みの濃度が高くなり、糖度が上がる。

大きなみかんは、体積が広くなる分、糖度が低くなる。

だから、サイズの小さいみかんを選んだほうが、甘いみかんに出会う確率は高くなる。

よって、今回はSサイズを購入した。

今回購入したみかんは、青みがすこし少なく、黄色い部分が多かった。

IMG_7159

 

3.美味しいみかんの見分け方。

極早生みかんのお尻側をみてみると、美味しそうなサインが出ていた。

IMG_7164

 

みかんはお尻に少し凹みがあるほうが甘みがある。

さらに、みかんのお尻の凹み付近に、シワがあるのがより美味しいみかんである。

シワが出るみかんは水分が絞られており、糖度が高い証拠となる。

上記写真のようなみかんはオススメである。

 

 

4.実食・感想

皮をむくと水々しいみかんの内袋が顔をのぞかせた。IMG_7166

綺麗な黄色をで甘いみかんだとイメージできる。

さらに、外の皮を剥いてみると、内皮の白い繊維が綺麗に取れた。

これも甘いみかんの証拠である。

IMG_7169その時点で、この極早生みかんは甘いと確信しながら、口に入れる。

約1年ぶりの爽やかなみかんの風味が口の中に広がる。

さらに、糖度と酸度のバランスが良く、味覚が甘みで浸透されていく。

糖度計で測定すると・・・

IMG_71759.7度と極早生みかんの中では比較的高い値であった。

甘くて美味しい理由も頷ける。

初物の極早生みかんで幸せなひと時が過ごせた。

10個入っていた極早生みかん全て、翌朝には子供たちお腹に納まっていた。

次は三重県産の極早生みかんを購入してレポする。