苦手なきのこが好きになった!野菜ソムリエによる親子きのこ料理教室開催しました

スポンサーリンク

昨日、林野庁補助事業 『特用林産物信頼確保・消費拡大対策事業』の森のめぐみプロジェクトキャンペーン実施しました。

親子参加企画「収穫体験付ききのこ料理教室」IN長久手文化の家 食文化室。

 

愛知県原木しいたけ生産者の会 会長朝岡先生、幹事の鈴木先生をお迎えしてきのこの話をしていただきました。

 

普段聞くことのできない生産者さんのお話に皆さん真剣に聞き入っていました。

作り手の顔を見ることができてうれしいという声もたくさん聞きました。

その後、原木しいたけの収穫は木からもりもり生えているしいたけを収穫。

IMG_8614 (3)

 

 

子供達はテンションアップ!

しっかり生えているので根元からちぎるのはなかなか力がいります。

上手に収穫できているお子様もいらっしゃいました♪

軸が美味しいので頑張って取りましたね~。

 

 

お次はエリンギの収穫体験。

IMG_8616 (2)

 

なかなかポットで栽培しているのを見る機会はないので嬉しい~という声が上がりました。

 

エリンギの収穫の仕方を聞きます。

 

 

いよいよ料理に移ります。

 

☆香る原木しいたけの佃煮混ぜご飯

☆3種のきのこのけんちん汁

☆いろいろきのこと魚のしろたまりバターホイル焼き

 

IMG_8666 (1)

1時間に3品作って頂きました!

 

スムーズに行くように前準備はしっかりと。

アシスタントしてくださった野菜ソムリエのお友達に感謝です。

 

☆香る原木しいたけの佃煮混ぜご飯

原木乾ししいたけを24時間かけて戻し、戻し汁のみで炊き上げたにんじんご飯にしょうがをきかせたしいたけの佃煮、あげの甘辛煮をたっぷり混ぜて。

IMG_8613

左が冷蔵庫で24時間戻したもの。右が常温で24時間戻したもの。

原木乾ししいたけの旨みが詰った一品。にんじんを一緒に炊き込むことによってにんじんがあまーくなり、青臭みはぬけとっても食べやすくなりました。

やさしい味付けでお子様のおかわりも沢山聞けました♪

 

☆3種のきのこのけんちん汁

けんちん汁とはごま油で炒めたものを汁にするもので地域によっては味噌仕立て、おすまし仕立てがあります。今回はどうしても使いたかった味噌があったので味噌仕立てにしました。

その味噌は『コーボン味噌』

りんごの天然酵母入りの味噌。天然酵母入りなのでフルーティ。だしをきかせなくてもおいしい味噌汁が出来るんです。愛用してます。

しかし、今回は昆布だしを使いました。

原木しいたけ、ぶなしめじ、えのきの旨みの3重奏。きのこはいろんなきのこが合わさると旨みが倍増します。

しかも炒めてからなので旨みを閉じ込めてます。

 

 

☆いろいろきのことタラのしろたまりバターホイル焼き

しろたまりは碧南市の日東醸造さんの商品。

原材料に大豆は使っていません。小麦麹と塩水のみ。おどろくくらい風味がよくて、醤油よりも少ない分量で味が決まるのも嬉しいですね。

ホイル焼きできのこと調味料のコクを魚に閉じ込めた一品。

パプリカ苦手なお子様も食べれた!と嬉しいお声が!

使用したきのこは原木生しいたけ、エリンギ、まいたけ。歯ごたえがあるきのこをチョイス。クセのあるまいたけもホイル焼きにするとクセが抜けて食べやすくなります。

2歳のお子様ももりもり食べてくれていました~!

 

 

最後のお楽しみは生産者の方が採れたて原木しいたけで

とろけるチーズのせしいたけのホットプレート焼きを作ってくださり、

新鮮なしいたけにとろけるチーズは相性抜群!

 

IMG_8671 (1)

しいたけ苦手なお子様、もりもり、カミカミ食べてくれてました♪

 

 

IMG_8667

 

収穫した原木しいたけを料理し、食べるところまでの体験を通してお子様の食育に繋がっていただけたら幸いです。

特用林産物であるきのこ。

森の環境を循環させている生産物。

きのこは役目を終えた動物を分解して養分にしています。

私達がきのこを食べるのも環境を循環させるのに必要なことです。

それを知っていただき、これからきのこが美味しくなる時期、ぜひきのこをモリモリ食べてくださいね。

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

ご参加いただきました皆様の写真ありましたがプライバシーの問題がありますので今回は控えさせていただきました。

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

ぱる(大橋 千珠)

ブログの「野菜ソムリエ ぱるとよ」を夫婦で運営している「ぱる」です。読者さんに野菜、果物、食材、商品で「へ〜」、「ほ〜」、「そうだったんだ」と思って頂ける記事を目標に書いています。フリーランス、女性、母、嫁の目線でブログを綴っています。