田原市の地元に愛される名店 「ひつまぶし」「新鮮な海鮮」が食べられる鈴幸(すずこう)さん

「魚は新鮮に限る」

愛知県田原市を訪れた時には外せないお店「鈴幸(すずこう)」さん。

市場よりも早く届く魚介類は、訪れるお客さんを満足させます。

*お店の詳細は下に記載しました。

 

田原市は食の宝庫

はキッズ野菜ソムリエの講師としても活動をしています。

先日、嫁はキッズ野菜ソムリエの講師として田原市で講座をさせて頂きました。

田原市は名古屋から車で3時間ほどの静岡県よりの地域です。

田原市の名産は渥美メロン、キャベツ、トマトなど日本でも有数の農業生産高を誇ります。

僕は嫁を迎えに、3人の怪獣(子供達)と格闘しながら名古屋市から田原市まで長距離ドライブ。

嫁の講座の終わる時間に合わせて、迎えに行きました。

目的は家族で田原市の新鮮な魚介類を食べこと。

田原市は海に面しており、漁業も盛んで、新鮮な魚介類が豊富に水揚げされます。

同じ愛知県ではありますが、家族で田原市には一度も出かけたことが無いので良い機会でした。

せっかくなので、地元の友人に美味しいお店を幾つか教えて貰いました。

その中の一つに、「鈴幸(すずこう)」さんが有りました。

 IMG_2914
嫁の講座も終わりオープンまで時間を潰して、待ちわびて17時ちょうどに入店!!

子ども達はお腹空いたの大合唱!!

入店してから早速注文

①刺身定食
②海鮮丼
③親子丼
④唐揚げ
⑤大アサリの天ぷらの盛り合わせ

以上、5品目をオーダー

帰りも約3時間掛かるので、呑みたい気持ちを抑えて料理を待つことに。

子ども達のお腹空いたの声で、一番最初に子供用に唐揚げから出してくれました。

IMG_2917

さらに、次々に料理が運ばれてきて、テーブルがあっという間に豪華に!!

まずは、刺身定食から紹介
IMG_2922
優しいそうな店主が刺身一つ一つを説明してくれました。

アブコ、本マグロ、太刀魚、真ダイ、カレイ

アブコ、太刀魚、真ダイは当日の昼に水揚げされたものを出されており、市場に並ぶよりも半日早く、お店に並ぶとのこと。

アブコ、太刀魚、真ダイは2時間前までは生きていたとのこと。

この鮮度は産地でしか楽しめないですね。

真ダイのコリコリした触感は、今まで食べたタイの中で一番美味しかったです。

小さいブリのことを愛知県ではアブコと呼んでいます。

アブコは脂身が少なく、さわやかな触感と旨味が口の中に広がります。

次に海鮮丼(写真取り忘れました。何という失態。)

こちらも店主が説明をしてくれました。

カツオの叩き、真アジ、ホタテ、赤えび、アブコ、太刀魚、真ダイと刺身定食よりも多い7種類

刺身定食とあまり同じ刺身が無いように配慮していただきました。

店主の気遣いに感謝です。

ホタテは柔らかくて、噛んだ時に甘みが口の中で踊り出します。

とても満足する海鮮丼でした。

大あさりは田原名物

大アサリは10センチ前後になる大型の二枚貝で、貝殻は厚くて硬いのが特徴です。

田原市をドライブすると焼き大アサリの看板が目に付くと思います

その名物を贅沢にも天ぷらで頂きました。

IMG_2924
500円玉より一回り大きく、一口で頬張れ、丁度いいサイズです。

サクッとした触感と貝の風味がマッチングして、絶品でした。

貝独特の生臭い臭いは一切有りません。

さすがに食材に拘っている「鈴幸」の料理は名古屋で出せるお店は少ないのではないでしょうか。

産地の立地、ネットワークと店主の腕がコラボして、この満足感に繋がっていると感じました。

店主は名古屋の一流ひつまぶし店(誰もが知っている名店)で修行されたとのこと。

実は田原市でも有名なひつまぶし屋であることを後から知りました

次回、お邪魔させてもらったときには「ひつまぶし」を堪能したいと思います。

 

 

 

鈴幸(すずこう)

住所:愛知県田原市加冶町奥恩中63-71

TEL:0531-22-4752

営業時間:昼 11:00〜14:00、夜 17:00〜22:00

定休日:毎週木曜日

 

《受講生募集中》ジュニア野菜ソムリエ 地域校 名古屋北

ジュニア野菜ソムリエ、地域校などについて詳細はこちらの記事を参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です