食べる順番が効率的に痩せるポイント!?私はこの食べる順番で成功した。

スポンサーリンク

痩せるには食べる順番が関係があった!?

ご飯、唐揚げ、生サラダ、味噌汁、青菜のお浸しが食卓に並んでいたらどれから食べますか?

味噌汁から口にされる方や大好物の唐揚げを真っ先に食べられる方など様々だと思います。

大抵の方は最初に口にするものは違えども、まんべんなく少しずつ食べられるのではないでしょうか?

僕もダイエット前はそうでした。

もし仮に食べる順番を変えるだけで、より一層効果的なダイエットに変わるとしたら嬉しいですよね。

 

ダイエットの実体験

実際、これは私が体験した話ですので、万人が当てはまらないと思います。

私がダイエットを始めて、9kg落としました。

食べる順番だけでで、ダイエットが成功したとは思いません。

しかし、食べる順番とルールを守るだけで、同じ食事をしてもダイエットの効果に差が生まれるのを実感したのも事実。

その食べる順番とルールについてお話しします。

 

 

まずは生野菜から食べる!!

僕がオススメするのはまずは生野菜から食べることです。

それも一口食べるだけではなく、一皿すべて食べます。

「なぜ生野菜からたべるのか?」

それは、血糖値を急激に上げない為です。

血糖値が急激に上がると、細胞をサビ付かせてしまう物質が多く発生してしまいます。

さらに、血糖値の急激な上昇はインシュリンを多く分泌し、糖質を脂肪として身体に蓄えます。

その結果、体脂肪が増えてしまいます。

生野菜を食べることで、血糖値を急激に上げることを押さえて、身体に優しい食事ができます。

もう一つの利点は、生野菜を最初にゆっくり食べることで、満腹中枢が刺激されて、食べる量が減る傾向にあります。

生野菜がないときには、お浸しでもいいので野菜を最初にとられることをオススメします。

野菜は糖質が低い食材で、さらに多くのビタミン、ミネラル、食物繊維などが含まれています。

ダイエットには最適な食材です。

ただし、人参、じゃがいも、かぼちゃは糖質が多いので、最初に食べるのは控えた方がいいです。

 

 

まとめ

  1. 同じ食事をしても食べる順番によってダイエットの効き目変わるかも。
  2. 最初に一皿分野菜を食べるのがオススメ。
  3. 野菜を食べることで急激な血糖値の上昇を抑え、太りづらくなると言われている。
  4. 最初にゆっくりと生野菜を食べることで、満腹中枢が刺激されいつもよりも少ない食事量で満足した。

食べる順番を変えるだけで、ダイエット効果が増すのであれば、是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

ポイントは生野菜を先に1皿食べること。それも時間をかけて。もし、生野菜がなければ”野菜のお浸し”でも大丈夫です。