【書評】スーパーで毎日買う食材だけで美人になる!前田ゆかさん著書

スポンサーリンク

健康は可変的である。

皆さんは、健康が大事だろうか?身体を大切にしていますか?

僕は今から8ヶ月前の33歳の12月の健康診断で、中性脂肪が基準値の3倍(450)を叩き出してしまった。

正直いって、健康診断の数値が出る前と出た後では、健康に対する考え方が180度変わってしまった。

健康診断前は、健康は空気と同じで当たり前で普遍的であると思っていた。

もちろん暴飲暴食すれば次の日は体調が悪くなったし、呑み過ぎで二日酔いになることもあった。

でも、それは一時的なことであり、「健康」は僕の当たり前の生活を十分楽しませてくれた。

それが、1枚の紙切れで「健康」とは可変的で、「健康」を維持するにはそれなりのアプローチが必要であるうことを勉強、実践して自覚した。

僕に起こった健康に対する変化については、別の機会にお話したいと思うが、健康に対する意識が変われば、人生を何倍も楽しめると確信した。

 

男性も参考になる健康本

そんな僕が最近健康に関する素晴らしい本と何冊も出会った。 そのうちの一冊で、今日紹介するのは「スーパーで毎日買う食材だけで美人になる!」 IMG_2693

男の僕がこちらの本を紹介するのは変であると思われるが、美容を中心に綴られた食材は、実は健康的な食材でもあった。

 

著者「前田ゆか」さんは40代現役モデルで40代向けの女性誌「美ST」、「STORY」などをメインに仕事をしている。(http://ameblo.jp/yuka-mae/)

男性の健康にも通じる美人になる食材 

素直にお伝えしよう。

僕はこの本を読む前までは健康と美容と相容れないカテゴリーと考えていた。

いや、今までは健康の本のみ参考にしており、美容の本については「男が読む分野ではない」と思い読んでいなかった。

嫁の机に置いてあったこの本を何気に手に取り目次を眺めていると、健康の本にも書かれている食材がズラリ。

トマト、アボガド、かぼちゃ、ココナッツオイル、マヌカハニーなどなど

この本は男性の健康にも通じ本である。

前田さんは「トマトは美白の王様」と書いている。

理由は「リコピンがコラーゲンの分解を抑制し、さらに生成を促す作用があるから」とのこと。

これには健康にも通じる。

「トマトが赤くなると、医者が青くなる」と言われるほど、トマトの赤い成分のリコピンは健康にもよいとされている。

特にリコピンは身体を酸化させる活性酸素を退治し、身体をさび付かせ難くする。

僕も毎朝晩、生サラダにトマトを入れて美味しく頂いており、我が家の食卓には書かせない食材になっている。

さらに、前田さんは「赤たまねぎで腸内デドックス 肌くすみを解消」と書いている。

「赤たまねぎは、調整作用のあるオリゴ糖が普通の玉ねぎの約2倍! 腸内でビフィズス菌を活性化させくれるので、便秘解消にとってもいい。

健康には赤玉ねぎはポリフェノールが豊富で、動脈硬化の原因の血栓を出来にくくなる硫化シアンが豊富に含まれている。

このような、食材毎の成分、美容効果が書かれて、知りたいところから読める。

すべての食材はスーパーで購入できるので気軽に始められるのがこの本の特徴。

 

まとめ

男性でも参考の本!!

 

男の僕としてはストレス社会で健康的に日々を過ごすための本と位置づけ、実践すれば効果は必ずでると思う。

 

女性は40代、現役モデルの前田ゆかさんの貴重な意見がが分かり、すぐに実践したくなると思う。

 

  1. 著者「前田ゆか」さん自身で実践し、効果を確認された方法
  2. 食べ物別の美容・健康について記載
  3. スーパーで買える食材で、すぐにトライ出来る。

 

スーパーで毎日買う食材だけで美人になる!
前田 ゆか
二見書房
売り上げランキング: 107,051