健康寿命は意外と短い!男性は平均約71歳、女性は約74歳

スポンサーリンク

日本人の平均寿命は何歳?

医療の発達や豊食により日本人の寿命は伸び続けています。

2013年の日本の男性で80.21歳、女性は86.61歳と長寿を維持しています。

例えば、男性サラリーマンで再雇用を含めて65歳でリタイアしたと設定し、約15年は統計的に生きられます。

女性は男性よりさらに長く約21年

おぎゃーと生まれて成人と同じぐらいの期間、老後を過ごせます。

今までがんばってきた分、ゆっくりと旅行や習い事などして悠々自適に過ごしていきたいと考えている方は多いと思います。

私もその一人です。(まだ33歳の平凡なサラリーマンですが(汗)→先が長いな)。

結構長い時間があると想われた方、ちょっと待って下さい。

実は寿命には2種類あるんです。1つ目の寿命は、命をなくなるまでの年齢で、先ほど述べた年齢です。

もう一つの寿命は、健康寿命!!

健康寿命とは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義されている。

これが長くなれば、より活発で不自由しない時間を過ごせるといわれています。

 

 

日本人の平均健康寿命は?

では日本の平均的な健康寿命はどれくらい? こちらも2013年に厚生労働省が発表した平均健康寿命のデータになります。

  • 男性:71,19歳
  • 女性:74.21歳

 

健康寿命と寿命の差は、

  • 男性で9.02年
  • 女性で12.4年

では健康寿命の老後(65歳から)を計算すると、男性で6.12歳、女性で9.21歳と寿命と比べると極端に短くなります。

40年以上あくせく働いて、辛い仕事や家事を辛抱しながら生活し、健康的に悠々自適に生活できる期間がこんなに短いとは・・・・・ショックですよね。

さらに、逆の捉え方だと、日常生活に支障がある体で男性で約9年、女性で12年間の生活が待っています(あくまで統計的に)。

この数字を知ったときに、健康の重要性を再認識させられました。

健康は「なにものにも代え難い財産!!」

健康はどうしようもない天命的な部分もあります。

一方、日常生活を少し気をつけることで健康を維持できます。

「食事を変えれば、人生が変わる。」を日々認識しながら、生活をしていければと思います。